村上春樹の短編集『回転木馬のデッド・ヒート』が電子書店で配信開始

リリース

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 講談社の電子書籍キャンペーン『冬☆電書 2018』の開催に伴い、本日24日から各電子書店で村上春樹の短編小説『回転木馬のデッド・ヒート』の配信が開始された。

『回転木馬のデッド・ヒート』は、1983年から1984年にかけて講談社発行の文芸誌「IN★POCKET」で連載後、2編の書き下ろしを加えて刊行された短編小説集。

 講談社の村上春樹刊行作品は、『遠い太鼓』『やがて哀しき外国語』『アンダーグラウンド』『風の歌を聴け』『1973年のピンボール』『羊をめぐる冒険』『スプートニクの恋人』『アフターダーク』に続く電子書籍の配信となる。

2017年11月24日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです
  • このエントリーをはてなブックマークに追加