水木しげるの素顔を明かす実録マンガとエッセイが刊行 次女が死去前後について語る

リリース

6
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

実録マンガ『水木先生とぼく』とエッセイ『ゲゲゲの娘日記』
実録マンガ『水木先生とぼく』とエッセイ『ゲゲゲの娘日記』

 漫画家・水木しげるの素顔を明かす実録マンガ『水木先生とぼく』とエッセイ『ゲゲゲの娘日記』が本日29日(水)に発売された。

『水木先生とぼく』は、40年にわたって水木プロのアシスタントをつとめてきた村澤昌夫が“漫画家・水木しげる”との思い出と驚きの創作秘話とを明かす(ほぼ)実録マンガ。水木マンガの極意や仕事場の秘密や大の改築・美人好きだった水木の意外な一面、バリやヨーロッパへ一緒に旅行した際の仰天エピソードなどを描く。

『ゲゲゲの娘日記』は、水木しげるの次女・水木悦子が“父・水木しげる”の素顔と家族と過ごした日々をユーモアたっぷりに切り取ったエッセイ。戦争と鬼太郎に隠された思いや初めて明かされる2015年11月30日の死去前後の話が収録されている。

 また、水木の三回忌を迎えるにあたり、『ゲゲゲの鬼太郎 死神大戦記 上・下』『墓場鬼太郎』『河童の三平 貸本まんが復刻版』などが最大30%オフになる「冬でも妖怪フェア」が各電子書店で開催されている。そのほか、KADOKAWAではゆる~いゲゲゲの鬼太郎グッズがもらえる「たのしいな、霊界直送セット、プレゼント!」キャンペーンを行っている。

冬でも妖怪フェア 水木しげる×荒俣宏×京極夏彦
『墓場鬼太郎』(1)~(5)『河童の三平 貸本まんが復刻版』(上)(中)(下)『水木しげるコレクション』I~Ⅴ『帝都物語』第壱番~第六番『薔薇十字叢書』など、水木しげる×荒俣宏×京極夏彦の作品が電子書籍ストアでオトクに展開中。

BOOK☆WALKER http://bookwalker.jp
Amazon Kindleストア http://www.amazon.co.jp/b?node=2275256051
紀伊國屋書店Kinoppy https://www.kinokuniya.co.jp/
DMM 電子書籍 http://book.dmm.com/
BookLive! https://booklive.jp/
honto http://honto.jp/ebook/
Reader Store http://ebookstore.sony.jp/

「たのしいな、霊界直送セット、プレゼント!」キャンペーン
■応募方法
1.KADOKAWAの電子書籍のTwitterアカウント(@KADOKAWA_denshi)をフォロー
2.該当のキャンペーンツイートをRT(リツイート)
https://twitter.com/KADOKAWA_denshi/status/933877834312847361
2017年12月10日(月)23:59分までに1、2が完了、抽選の時点でフォローをしている方が対象です。フォローをしていないと抽選の対象となりませんのでご注意ください。
■「たのしいな、霊界直送セット」内容
日比谷花壇 そのまま飾れるブーケ ゲゲゲのお花「鬼太郎のちゃんちゃんこ」/「ゆる〜いゲゲゲの鬼太郎 ふんわりぬりかべクッション」/「ゆる〜いゲゲゲの鬼太郎 目玉おやじのやわらかアームレスト」

2017年11月29日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです
  • このエントリーをはてなブックマークに追加