今野敏「安積班シリーズ」待望の新作短編集 ついに明かされる安積班前史

特集

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

29年という長期間にわたって書き続けられ、作者自身が「ライフワーク」と断言している「安積班シリーズ」の最新作が刊行される。『道標 東京湾臨海署安積班』である。シリーズの魅力を探るとともに、最新作の見どころを追ってみよう。

 ***

 SF、バイオレンス、アクション、伝奇、オカルトなど、縦横無尽にジャンルを駆使して数多くのシリーズ作を手掛けている今野敏だが、『隠蔽捜査』シリーズで吉川英治文学新人賞、山本周五郎賞、日本推理作家協会賞を受賞したことでもわかる通り、警察小説の旗手として多くのファンを持っていることは言うまでもない。
 警察小説としては、他にも「ST」シリーズや「樋口警部補」シリーズも人気だが、その中でも「東京湾臨海署安積班」シリーズは、今野自身が「ライフワーク」と位置づけ、デビュー10年目の1988年から書き続けており、来年で30周年をむかえる。ドラマ好きの人の中には、佐々木蔵之介主演のドラマ『ハンチョウ』シリーズ(TBS系。2009年から4年にわたって全6シーズンが放送された)でこの作品を知り、読者になったという人も多いだろう。
 今回、刊行された『道標 東京湾臨海署安積班』は、その最新シリーズの短編集である。
「安積班」シリーズの何よりの魅力は、頭脳明晰な名探偵が事件を解決する推理小説と違い、安積剛志率いる東京湾臨海署の強行犯第一係の個性豊かなメンバーがそれぞれの持ち味を生かしながら事件の真相に迫っていくという人間ドラマにある。もちろん、今回の最新作にもその持ち味は充分に発揮されているのだが、これまでにない新たな趣向も盛り込まれている。それは、安積が警部補になる以前の前史が描かれているということ。
 これまで、同シリーズは30年近くの長きに渡って書き継がれてきたにもかかわらず、登場人物の年齢設定はずっと変わってこなかった。安積はどの作品でも45歳のままだし、最年少の桜井はいつまでも26歳の「永遠の若手」だったのだ。シリーズのファンなら、「若いころの安積は、どんな人物だったのだろう?」と一度は想像したこともあったろうが、その解答が本作で読めるわけだ。

     ◆

 各短編について、見ていこう。
 第一編「初任教養」の安積は、なんと中野にある警視庁警察学校の訓練生として物語に登場する。血気盛んでなりふり構わず猛突進する若者として描かれているが、同期のライバルの速水直樹(そう、シリーズを通して安積をサポートする後の交通機動隊小隊長である)の信頼を勝ちとる感動的な場面がある。
 第二編「捕り物」、および第三編「熾火」も、安積の修業時代の話。前者では交番に勤務する安積が実績を積んで署長推薦をもらおうと焦る姿が描かれ、後者では念願を果たして刑事になった安積がベテラン上司の三国(『最前線』所収の「夕映え」に登場)に腕試しをされる。
 だが、責任感が強く、被害者だけでなく、加害者の心理も知ろうとする安積の熱血漢ぶりは、すでにこのときから発揮されていた。その心意気に打たれ、「おまえは、出世できないだろうな。だが、間違いなくいい刑事になる」という三国のセリフを読んで、思わず目頭を熱くする読者は多いのではないか。
 続く第四編「最優先」、および第五編「視野」で、時代設定はようやく創設されたばかりの東京湾臨海署にたどりつく(ただし安積は新任の強行犯係長で、45歳より少し若いようだ)。この二編は、ともに臨海署管内で起きた強盗事件を描いたもので、前者を新任の鑑識係の係長の石倉進、後者を安積の部下になったばかりの大橋武夫の視点から描くという珍しい趣向だ。
 鑑識の石倉係長といえば、シリーズのほぼ全作を通じて安積を支援する、職人気質の心強いキャラクターだが、「最優先」では安積のことを鼻っ柱の強い、頑固で鼻持ちならない人物と感じている様子が描かれるのがおもしろい。そんな彼が「安積からの仕事の依頼は、いつでも最優先だ」と心に決めるラストシーンに至る、石倉の心の変化が読ませどころの好編で、続く「視野」でも、大橋という新米刑事の目を通じて安積がリーダーとして成長している様子が感動的に描かれている。
 第六編「消失」と第七編の「みぎわ」以降、物語の時代設定はこれまでのシリーズにぐっと近づき、安積の右腕となって部下を厳しく指導する村雨秋彦、太り気味で刑事らしくない風貌ながら鋭い洞察力を見せる須田三郎らの小気味よいチームワークが発揮される。
 そして第八編「不屈」からは、ドラマから生まれた安積班の紅一点、水野真帆が活躍して「いつもの安積班」らしさがいよいよ発揮され、読者をニヤリとさせる。とにかく、本作に収録された10編の短編は、どれも読み応え充分で、文句なしにおもしろいことを保証する。
 ちなみに、「安積班」シリーズの最新長編『潮流 東京湾臨海署安積班』は、TBS系ドラマ『―警視庁東京湾臨海署―安積班』としてドラマ化されることが決定。2018年の春に放送される予定だという。本作と合わせて楽しんでみてはいかがだろう。

構成:ボブ内藤

角川春樹事務所 ランティエ
2018年1月号 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

角川春樹事務所

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社角川春樹事務所「ランティエ」のご案内

角川春樹事務所のPR誌です。
著者インタビューをはじめとした新刊紹介や、連載小説などをお届けしています。
毎月1日発行。

定期購読は、角川春樹事務所営業部(TEL.03-3263-5881)までお問い合わせください。