「好かれる人」はここが違った。人間関係がスムーズになるコツ――初対面の人にも「礼儀知らず」と思われない2つの基本

ニュース

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


お辞儀は「手を腹の前で組むのではなく、伸ばす」のが正しい(photo by maroke/fotolia)

会社の上司や先輩から「礼儀がなっていない」と怒られた経験がある人は少なくないでしょう。たしかに「礼儀正しく」はビジネスパーソンにとって基本中の基本です。

しかし「社会に出てからの礼儀」は、学校で教えてもらう機会がなく、「何が礼儀正しいことで、何が失礼にあたるの?」という線引きも難しいもの。行き過ぎた礼儀がかえって「慇懃無礼」になってしまい、相手によくない印象を与えてしまうこともあります。

「『礼儀』って難しい…」

そう思っている人のために、ビジネスコンサルタントとして活躍するかたわら、茶道の裏千家に長く携わってきた山﨑武也さんの著書、『なぜか好かれる人の「ちょうど良い礼儀」』から「礼儀の基本」についてお伝えします。

礼儀の基本は「挨拶」に詰まっている

「礼儀正しく」と聞くと、きれいな「型」や「言葉遣い」ばかりが注目されますが、人に与える印象は、そこに「心」が込められているかいないかで大きく変わります。

そもそも、礼儀作法は「相手を尊重したり敬ったりする心」が所作や言葉に表れたものです。「相手に良い気分になってもらおう」という気持ちでいれば、自然と礼儀も正しくなっていきます。

とくに挨拶は大切です。挨拶は人と会ったときに最初に交わす言葉なので、ぶっきらぼうだと「なんだかとっつきにくい人だな」「不機嫌なのかな?」と思われてしまいます。

挨拶をするときには、和やかさの演出を心がけ、「スマイル」で接するのが一番です。スマイルは、「相手と会うのが嬉しい」「良いコミュニケーションをとりたい」という意思表示になるので、「礼儀正しさ」の土台になるのです。そのうえで、相手の目を見てきちんとお辞儀をします。

オーソドックスで礼儀にかなった「本来のお辞儀」は、指を全部伸ばし、手を膝に向かって下げると同時に頭を下げます。最近、お店などの接客業を中心に増えている「胸や腹の前で両手を組んで頭を下げるスタイル」は、正しい礼儀にかなったものではありません。

そして、挨拶に一言つけ加えるとより印象が良くなります。たとえば「おはようございます」の後に、「お元気ですか?」「調子はいかがですか?」と言えば、相手への関心の深さを示すことができます。

「たかが挨拶」と思うかもしれませんが、ちょっとしたことに礼儀の良し悪しは表れます。このことについて山﨑さんはこう語っています。

大袈裟な言い方になるが、自分の全人格を込めるくらいの気持ちを表現するものにする。同じ「おはようございます」を言うだけでも、相手を敬うと同時に親愛の情を込めて礼儀正しい言い方に徹する。もちろん、瞬時でも立ち止まり相手の目を見たうえで、きちんとお辞儀をする

『なぜか好かれる人の「ちょうど良い礼儀」』p10-11より

挨拶などというのは日常茶飯事のちょっとした一部分である。しかしながら、そこに人生に対する姿勢の一部を垣間見ることができる。

『なぜか好かれる人の「ちょうど良い礼儀」』p13より

型や言葉遣いを正しているのに「礼儀がなっていない」と言われる人は、心のゆるみや手抜きが表面ににじみ出てしまっているのかもしれません。

「見送る側」と「見送られる側」の礼儀正しい「別れ際」

「おはようございます」「こんにちは」といった挨拶が、人と会うときの礼儀の最初のポイントだとするなら、別れ際は、最後の礼儀のポイントです。なぜなら、せっかく礼儀正しく接していたのに、最後が無礼になってしまうと、相手への印象が悪いものにひっくり返ってしまうからです。

たとえば、自分の勤める会社で取引相手との打ち合わせを終えたら、ビルの出口、またはエレベーターに乗るところまで送っていくのが礼儀です。そこまで歩いていく間はリラックスしたムードになりやすく、個人的な情報交換をしたり会議室では聞けなかった本音を漏れ聞くこともあったりするので、相手とより親密になれるチャンスがあります。

また、外まで見送るときは、相手が車であれ徒歩であれ相手が見えなくなるまで見送るのが「見送る側」の礼儀です。

このとき、逆の立場である「見送られる側」にもマナーがあります。

「そこから先は曲がって行く」という角まで来たら、「振り返って一礼」します。もし、振り返りもせずにさっさと行ってしまったら、見送った側は待ちぼうけを食ったことになります。お互いの気遣いにお互いが応えるのが、礼儀正しい「別れ際」なのです。

ただし、外まで見送るのが必ずしも礼儀にかなっているかというと、そうとも限りません。ビルの外がかなり遠いところまで曲がり角のない一本道だった場合、どこで「振り返って一礼」すればいいのかわからなり、お互いに気まずい思いをします。

「相手に良い気分になってもらおう」という気持ちを大事にするなら、礼儀をマニュアル的に考えないことも大切です。

___

会議や取引先との打ち合わせ、食事や接待、上司と部下との会話、謝罪など、ビジネスシーンでは礼儀が大切になる場面が多いですが、プライベートでも、友人や家族、恋人と良い関係を続けるためにも、礼儀は欠かせません。

相手が誰であれ、大切なのはレディファーストならぬ「相手ファースト」の気持ちです。その気持ちがあれば、無礼になったり慇懃無礼なったりすることもなくなるはずです。

日本実業出版社
2017年10月2日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

日本実業出版社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社日本実業出版社のご案内

ビジネス書、教養書、実用書を中心とした書籍を出版している日本実業出版社の公式サイト。新刊情報を中心に、読者のみなさまに役立つ本の情報をお届けします。また著者インタビューやイベントレポートなど、書籍にまつわるここだけの話を特集・記事にてお読みいただけます。