石田衣良原作のドラマ「眠れぬ真珠」が放送 藤原紀香主演

映像化

3
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 石田衣良『眠れぬ真珠』を原作としたドラマ「眠れぬ真珠~まだ恋してもいいですか?」が12月21日と28日に放送される。

 2006年に新潮社から刊行された『眠れぬ真珠』は、銅版画家として活躍する45歳の内田咲世子と17歳年下の青年・徳永素樹との恋愛を描いた小説。2007年に『れもん白書』『アイドルを探せ』で知られる吉田まゆみによって漫画化、2015年に廣木隆一監督、黒谷友香主演でドラマ化され、NTTドコモ運営の動画配信サービスdTVにて独占配信されている。

 ドラマ「眠れぬ真珠~まだ恋してもいいですか?」では、主人公の咲世子を藤原紀香、恋人役を劇団EXILEのメンバーで知られる鈴木伸之が演じる。そのほか、水沢エレナ、佐野ひなこ、朝加真由美、升毅が出演。公式サイトでは30秒の予告映像が公開されている。

 原作者の石田衣良は、1960年、東京生れ。成蹊大学経済学部卒業後、広告制作会社を経てフリーランスのコピーライターに。1997年9月「池袋ウエストゲートパーク」でオール讀物推理小説新人賞を受賞し、続篇3篇を加えた『池袋ウエストゲートパーク』でデビュー。2003年7月『4TEEN』で直木賞受賞。2006年『眠れぬ真珠』で島清恋愛文学賞受賞。2013年『北斗 ある殺人者の回心』で中央公論文芸賞を受賞した。著書に『6TEEN―シックスティーン―』『夜の桃』『水を抱く』『チッチと子』『娼年』『逝年』『sex』『余命1年のスタリオン』『マタニティ・グレイ』などがある。

2017年12月15日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです
  • このエントリーをはてなブックマークに追加