浦沢直樹の初個展が山口県立美術館で開催決定 構想メモ、ネームなど公開

イベント

6
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『20世紀少年』©浦沢直樹・スタジオナッツ 小学館
『20世紀少年』©浦沢直樹・スタジオナッツ 小学館

 漫画家・浦沢直樹の初の個展「浦沢直樹展 描いて描いて描きまくる ―山口の巻―」が2018年4月20日(金)から6月17日(日)まで、山口県立美術館で開催される。

 2018年1月から3月までフランスでの開催を経て、山口に凱旋する本展では、『YAWARA!』『MASTERキートン』『MONSTER』『20世紀少年』『PLUTO』『BILLY BAT』、そしてルーヴル美術館との共同プロジェクトとしてスタートした最新作『夢印―MUJIRUSHI―』などを発表してきた浦沢直樹の原稿展示をはじめ、ストーリーの構想メモ、ネーム、秘蔵のイラストやスケッチ、少年時代の漫画ノートまでの膨大な手稿を公開する。

 海外での巡回予定は、2018年1月25日(木)から1月28日(日)にフランス アングレーム国際漫画フェスティバル エスパス・フランカン、2018年2月13日(火)から3月31日(土)までフランス パリ市庁舎 エスパス・パリ・ランデヴーで開催される。

開催概要
■展覧会名
浦沢直樹展 描いて描いて描きまくる ―山口の巻―
■会期
2018年4月20日(金)~6月17日(日)
■会場
山口県立美術館(山口県山口市亀山町3-1)
■主催
山口県立美術館、読売新聞社、KRY山口放送 ほか
■協力
スタジオ・ナッツ、小学館、講談社、世田谷文学館
■特別協力
長崎尚志、工藤かずや、勝鹿北星、手塚プロダクション
■展覧会公式サイト
https://www.urasawanaoki-ten2018.jp/

2017年12月20日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです
  • このエントリーをはてなブックマークに追加