第20回大藪春彦賞の候補作品が決定

文学賞・賞

89
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 本日10日に第20回大藪春彦賞の候補作品が発表された。

 大藪春彦賞選考委員会は、2016年10月から2017年9月までの選考対象期間に刊行された作品から、伊岡瞬『痣』(徳間書店)、神野オキナ『カミカゼの邦』(徳間書店)、呉勝浩『白い衝動』(講談社)、佐藤究『Ank:a mirroring ape』(講談社)、深町秋生『地獄の犬たち』(KADOKAWA)の5作を候補として選出した。

左から伊岡瞬『痣』、神野オキナ『カミカゼの邦』、呉勝浩『白い衝動』、佐藤究『Ank:a mirroring ape』、深町秋生『地獄の犬たち』
左から伊岡瞬『痣』、神野オキナ『カミカゼの邦』、呉勝浩『白い衝動』、佐藤究『Ank:a mirroring ape』、深町秋生『地獄の犬たち』

 選考会は、2018年1月22日に大沢在昌、黒川博行氏、藤田宜永の3名によって行われ、受賞作には大藪春彦賞正賞(顕彰牌)と副賞(賞金300万円)が贈られる。

 大藪春彦賞は、作家・大藪春彦の業績を記念して創設された文学賞。主にハードボイルド小説・冒険小説に分類される小説を対象とし、優れた物語世界の精神を継承する新進気鋭の作家及び作品に、毎年、授与される。

■第20回大藪春彦賞候補作
伊岡瞬『痣』(徳間書店)
神野オキナ『カミカゼの邦』(徳間書店)
呉勝浩『白い衝動』(講談社)
佐藤究『Ank:a mirroring ape』(講談社)
深町秋生『地獄の犬たち』(KADOKAWA)

Book Bang編集部
2018年1月10日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

新潮社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加