松浦寿輝がフランス・パリにある「パリ日本文化会館」で講演

イベント

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

松浦寿輝
松浦寿輝

 作家、詩人、仏文学者、批評家と多才な活動を続ける松浦寿輝が、1月31日(水)にフランス・パリにある「パリ日本文化会館」にて講演会を行う。

 本講演では、1930年代後半の上海を舞台に、一人の警察官が軍部の罠により組織を追われ、孤独な戦いに迫られる長編小説『名誉と恍惚』で、第27回Bunkamuraドゥマゴ文学賞および第53回谷崎潤一郎賞を受賞した松浦が、グローバル化した今日の社会において、「小説を書く」という行為がいかなる意味を持つのかを考察する。

 松浦寿輝は、1954年東京都生まれ。東京大学大学院仏語仏文学専攻修士課程修了。パリ第III大学にて博士号(文学)を、東京大学にて博士号(学術)を取得。詩集に『冬の本』(高見順賞)『吃水都市』(萩原朔太郎賞)『afterward』(鮎川信夫賞)、小説に『花腐し』(芥川龍之介賞)『半島』(読売文学賞)『そこでゆっくりと死んでいきたい気持をそそる場所』『川の光』、エセー・評論に『折口信夫論』(三島由紀夫賞)『エッフェル塔試論』(吉田秀和賞)『知の庭園 一九世紀パリの空間装置』(芸術選奨文部大臣賞)など多数。2012年東大大学院教授を辞職、執筆に専念する。

講演会概要<フランス現地時間>
■講演:『いま、小説を書くとは何か?』
■日程:2018年1月31日(水)18時30分開演
■会場:パリ日本文化会館 Maison de la culture du Japon a Paris
■住所:101 bis, quai Branly , 75015 Paris, France
■申込:http://www.mcjp.fr/
■主催:パリ日本文化会館、株式会社東急文化村
http://www.bunkamura.co.jp/bungaku/topics/840.html

2018年1月14日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです
  • このエントリーをはてなブックマークに追加