「HUNTER×HUNTER」35巻発売と同時に連載再開! 「もう発売されたの?」と喜びの声

ニュース

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2月6日トーハンの週刊ベストセラーが発表され、コミックス第1位は『HUNTER×HUNTER(35)』が獲得した。
 第2位は『ハイキュー!!(30)』。第3位は『僕のヒーローアカデミア(17)』となった。

 1位となった「HUNTER×HUNTER」には嬉しいニュースも飛び込んできた。昨年9月より休載していた「週刊少年ジャンプ」での連載が、1月29日発売号より再開となったのだ。「HUNTER×HUNTER」はこれまでにも何度か休載・再開を繰り返しているが、わずか4ヶ月での再開は異例のこと。単行本の発刊ペースも1年以上空くことはよくあり、35巻の発売は34巻から7ヶ月あまりでの発売だ。その早さにSNSでは「もう発売されたの?」「意外と早いな」と驚きの声があがっている。また連載の再開とペースアップを喜ぶ声も多い。連載開始から20年近くが経つ作品でも、単行本発売後即座にコミックランキングの1位となるなど、ファンの熱量は衰えていないことが見受けられる。

1位『HUNTER×HUNTER(35)』冨樫義博[著](集英社)

船内で念獣が動き出しクラピカ達を襲う。警護の大部分を失う中、3人の王子から連絡が。一体どの王子との接触が王子の生存への道なのか!? そして各王子の計略が入り乱れる中、王子の中から犠牲が!?(集英社ウェブサイトより)

2位『ハイキュー!!(30)』古舘春一[著](集英社)

“最強の挑戦者”稲荷崎を相手に奮闘する烏野! 均衡を破り第1セットのセットポイントを得るが、一人調子の上がらない田中が狙われる!! 圧を増す角名のブロックに募りゆく焦燥感、かつてない苦境に田中は──!?(集英社ウェブサイトより)

3位『僕のヒーローアカデミア(17)』堀越耕平[著](集英社)

暗い路地裏で、震えながら去っていく君に何もしてあげられなかったことを後悔した。…自分が弱いことなんて分かってるさ。でも、もう決して悲しませない! エリちゃん! 俺が君のヒーローになる! “Plus Ultra”!!(集英社ウェブサイトより)

4位『ヲタクに恋は難しい(5)』ふじた[著](講談社・一迅社)

5位『食戟のソーマ(28)』附田祐斗[原作]佐伯俊[作画]森崎友紀[協力](集英社)

6位『キングダム(49)』原泰久[著](集英社)

7位『東京喰種 トーキョーグール:re(14)』石田スイ[著](集英社)

8位『賭ケグルイ(9)』尚村透[作画]河本ほむら[原作](スクウェア・エニックス)

9位『終末のハーレム(5)』宵野コタロー[著]LINK[原作](集英社)

10位『GIANT KILLING(46)』ツジトモ[画]綱本将也[作](講談社)

〈コミックスランキング 2月6日トーハン調べ〉

Book Bang編集部
2018年2月10日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

新潮社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加