毎日をポジティブにする、シンプルでパワフルな10のルール――訳者が語る『最高の毎日を手に入れる人生の10か条』の魅力

ニュース

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『最高の毎日を手に入れる人生の10か条』(ジョン・ゴードン著/久保陽子訳)は、アメリカで刊行後10年に渡って読み継がれ、多くの人々にポジティブなエネルギーを届けた名著の邦訳です。出版にあたり、「物語に引き込まれ、登場人物に共感しながら一気に読み終えた」という訳者の久保陽子さんに、この本の魅力や読みどころについて寄稿していただきました。

他人事じゃない「ネガティブ思考」

アメリカで刊行から10年経った今でも売れ続け、100万部突破しているベストセラー“The Energy Bus”。私が出版社の方から原書を受け取ったのは、昨年のことでした。

物語はある朝、車で出勤しようとした主人公ジョージがタイヤのパンクに気づくところから始まります。ジョージは、会社でマーケティングチームを率いるリーダー。二週間後に新商品発売に向けた重要なプレゼンを控えていますが、チームの足並みは乱れています。

長い年月、他人の顔色ばかりうかがい、指示に従う歯車として生きてきたジョージは、ネガティブ思考がしみつき、不満ばかりかかえて生きています。そんなジョージに上司も部下も、妻も愛想を尽かし、解雇と離婚、両方の危機に直面しています。

「ここ数年、ツイていないことばかりだ」

そう考えるジョージは、タイヤのパンクにため息をつきながら、仕方なくバスで会社に向かいます。そこで出会ったのが、一人の女性運転手、ジョイでした。ジョイは満面の笑みを浮かべ、初対面のジョージに積極的に話しかけてきます。そしてジョージの後ろ向きな姿勢をすぐに見抜き、ポジティブな人間に生まれ変わってもらおうと、「旅する人生のルール10か条」を教えていきます。

ジョージの独白は、ネガティブな言葉であふれています。

「まるで世界中が自分の足を引っ張っているような気分になる」

「最後に『楽しい』と感じた日がいつだったのか、もう思い出すこともできない」

読んでいて思わず苦笑してしまうほどネガティブなジョージと、それをズケズケと指摘し、圧倒的なポジティブエネルギーを放つジョイ。この対照的な二人のやりとりは、どこかコミカルで、私は一気に読み進めていきました。

そして次第に、「ジョージのネガティブな姿勢は他人事じゃないぞ」と思うようになりました。スーパーでレジに並んでいるとき、自分の並んだ列だけ進みが遅い気がするジョージ。よい知らせと悪い知らせを聞いたとき、悪い知らせのほうしか頭に残らないジョージ。

そのネガティブ思考は、自分も身に覚えがあるな、と思ったのです。そしていつの間にかジョージに自分を重ね合わせ、ともにバスの旅をしている気分になっていきました。

運転手とともに学ぶ、「旅する人生のルール」

ジョイは1つめのルール「バスは自分で運転する」を示し、こう言います。

「あなたのバスの運転手は、あなた自身。それを忘れないで」

「自分の人生に責任を持ってハンドルを握らないと、本当にたどり着きたい場所に向かうことはできないわ」

人生は、自分で目的地を定め、ハンドルを握るバスの旅のようなもの。最高の旅にするために、どうやって目的地を決め、乗客を招き入れ、燃料を補充していくのか――。

運転手ジョイは、最高のバスの旅、つまり最高の毎日を送るためのルールを、ひとつひとつ、ジョージに伝えていきます。ジョージがバスに乗るのは、勝負のプレゼンまでの2週間。しかしそのわずかな時間で、ジョージは多くのことを学び、生まれ変わっていきます。

訳者プロフィール
久保陽子(くぼ ようこ)

1980年生まれ。東京大学文学部英文科卒。出版社で児童書編集者として勤務ののち、独立し翻訳者になる。訳書に『カーネーション・デイ』(ほるぷ出版)がある。鹿児島県出身。

日本実業出版社
2018年4月20日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

日本実業出版社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社日本実業出版社のご案内

ビジネス書、教養書、実用書を中心とした書籍を出版している日本実業出版社の公式サイト。新刊情報を中心に、読者のみなさまに役立つ本の情報をお届けします。また著者インタビューやイベントレポートなど、書籍にまつわるここだけの話を特集・記事にてお読みいただけます。