樋野興夫トークイベント がん哲学外来10周年・出版記念講演会

イベント

5
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 5月31日(木)19時より、お茶の水クリスチャンセンターで順天堂大学教授・樋野興夫による「がん哲学外来10周年 出版記念講演会」が開催される。

 がん哲学外来の10周年と、5月26日発売の新刊『大切な人ががんになったとき… 生きる力を引き出す寄り添い方』(樋野興夫著・青春出版社刊)の出版を記念した入場無料のトークイベント。

「がん哲学外来」とは、樋野興夫・順天堂大学医学部教授が始めた、がん患者とその家族が無料で受けられる面談。自分や家族ががんになったとき、不安や恐怖、悲しみといった、大きな精神的苦痛に襲われるが、医療機関は、病状や治療の説明で手一杯で、心のケアまでは回らないのが現状。がん哲学外来は、そのすき間を埋めるべく、対話によって、がん患者やその家族の、精神的苦痛を軽減させるための活動を行っている。

 樋野氏はこの10年で3000人以上の患者やその家族と面談。2009年に樋野氏を理事長に「特定非営利活動法人(NPO法人)がん哲学外来」が設立され、2013年には「一般社団法人がん哲学外来」となった。活動は全国に広がり、現在は約140カ所の地域で、がん患者、その家族の対話の場「がん哲学外来メディカル・カフェ」が開かれている。

トークイベント
■日時
5月31日(木)19~21時
■会場
お茶の水クリスチャンセンター 8階チャペル
http://ochanomizu.cc/
■料金
無料
■お申込み方法
下記「申し込みフォーム」より必要事項を記入の上、送信
http://www.seishun.co.jp/topics/20046/
■定員
150人
■主催
お茶の水メディカルカフェ in OCC/青春出版社
■イベントに関する問い合わせ先
電話 03-3202-1212 青春出版社 プロモーション部(担当:宮田)
メール event01@seishun.co.jp

2018年5月17日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです
  • このエントリーをはてなブックマークに追加