【気になる!】コミック 『古本屋台』

ニュース

3
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 夜ふけになると現れる神出鬼没の屋台で売られるのは古本-。珍本奇本の品ぞろえでマニアをくすぐり、1人1杯限り、100円で飲める焼酎・白波のお湯割り(夏はロックも)もたまらない。切り盛りするのは正体不明のオヤジで、「ウチは飲み屋じゃないよ」などの言動に一喜一憂する常連客も…。

 「孤独のグルメ」の原作者、久住昌之とイラストレーター、久住卓也の兄弟ユニットによる異色コミック。〈渋い…渋すぎる〉世界に屋台常連客同様ハマる。作品に登場する古本のリストも巻末に掲載され、何だかうれしい。(Q.B.B.久住昌之作、久住卓也画、集英社・1200円+税)

産経新聞
2018年5月20日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

産経新聞社「産経新聞」のご案内

産経ニュースは産経デジタルが運営する産経新聞のニュースサイトです。事件、政治、経済、国際、スポーツ、エンタメなどの最新ニュースをお届けします。