吉田修一の作家生活20周年作品『国宝』が9月7日に発売決定

リリース

8
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

朝日新聞にて連載中の小説「国宝」が、2018年9月7日(金)に刊行
朝日新聞にて連載中の小説「国宝」が、2018年9月7日(金)に刊行

 朝日新聞にて連載中の小説「国宝」が、2018年9月7日(金)に吉田修一の作家生活20周年および朝日新聞出版10周年を記念した作品として刊行される。

「国宝」は、任侠の一門に生まれながらも、この世ならざる美貌を持った役者・立花喜久雄を主人公にした連載小説。歌舞伎役者として歩むことになった立花は、血族との深い絆と軋み、スキャンダルと栄光、幾重もの信頼と裏切りを経験しながら、役者への道を極めていく。舞台、映画、テレビと芸能界の転換期を駆け抜け、数多の歓喜と絶望を享受しながら、その頂点に登りつめた先に、何が見えるのか?

 吉田修一は、1968年長崎県生まれ。1997年に「最後の息子」で文學界新人賞を受賞し作家デビュー。2002年に『パレード』で山本周五郎賞、同年『パーク・ライフ』で芥川賞を受賞。2007年に『悪人』で毎日出版文化賞と大佛次郎賞を、2010年に『横道世之介』で柴田錬三郎賞を受賞する。著書に『女たちは二度遊ぶ』『森は知っている』『橋を渡る』などがる。

2018年5月22日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです
  • このエントリーをはてなブックマークに追加