コミックスランキングで快挙!! 1巻から6巻まで全巻ランクインしたのはあの「バスケ漫画」

ニュース

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 6月5日トーハンの週刊ベストセラーが発表され、コミックス第1位は『ホリミヤ(12)』が獲得した。
 第2位は『SLAM DUNK 新装再編版(1)』。第3位は『アオアシ(13)』となった。

 2位の『SLAM DUNK 新装再編版(1)』は1990年にはじまった井上雄彦さんの大人気バスケ漫画『SLAM DUNK』の別バージョン。ジャンプコミックスとして刊行された全31巻を全20巻に再編。物語の節目などを考慮し巻を区切り直し、各巻の収録内容がわかりやすくなっている。また全巻の表紙が井上さんにより新たに描き下ろされ、赤木、三井、流川ら人気キャラクターの新しい表情をみることができる。

 6月1日には1巻から6巻「チーム湘北編」が発売され、7月には7~10巻「県大会前編」、8月には11~14巻「県大会後編」、9月には15~20巻「インターハイ編」と、4ヶ月連続刊行が予定されている。

 発売日には渋谷駅のハチ公前付近に新装版を告知する巨大看板が設置された。また朝日新聞にカラーの全面広告が掲載され大きな話題となった。その結果、今週のコミックランキングでは1日に発売された1巻から6巻すべてがランクインするという快挙を成し遂げた。

 SNS上にも「完全版を持っているけど買っちゃった」「表紙だけでも欲しくなる」「何年経っても色あせない」との声が溢れ、連載当時読んでいた層にしっかりと届いた模様だ。まだ読んだことがないというか方でも、一読すればここまで圧倒的な支持を受ける理由が理解できることだろう。不動の青春バスケ漫画の金字塔をこの機会に手にとってみてはいかがだろう。

1位『ホリミヤ(12)』萩原ダイスケ[画]HERO[原作](スクウェア・エニックスウェブサイトより)

君の言葉に、仕草に、馬鹿みたいに一喜一憂だ。おとなしい桜を珍しくそわそわさせるのは意外にも少年マンガ! 一方、これまたおとなしい柳も少年マンガが大好きで…? 高校3年3学期。まだまだ知らない、知りたいことだらけ。大人気超微炭酸系スクールライフ、第12巻!(スクウェア・エニックス)

2位『SLAM DUNK 新装再編版(1)』井上雄彦[著](集英社)

中学時代、50人の女の子にフラれた桜木花道。そんな男が、進学した湘北高校で赤木晴子に一目惚れ! 「バスケットは…お好きですか?」。この一言が、ワルで名高い花道の高校生活を変えることに!!(集英社ウェブサイトより)

3位『アオアシ(13)』小林有吾[著]上野直彦[取材・原案協力](小学館)

「ここで評価されたら、即トップ契約」夢へとつながる舞台…Aチームに昇格し、日々奮闘するアシト! その驚くべきレベルの高さに衝撃を受けつつも、へこたれず、必死に食らいついていっている――― そんな頑張りが実ったのか、なんと、Aチームが戦っている「プレミアリーグ」で、次節、アシトがベンチ入りすることに!!(小学館ウェブサイトより)

高校生年代日本最高レベルのリーグでアシトを待ち受けるものとは!?

4位『SLAM DUNK 新装再編版(2)』井上雄彦[著](集英社)

5位『SLAM DUNK 新装再編版(3)』井上雄彦[著](集英社)

6位『SLAM DUNK 新装再編版(4)』井上雄彦[著](集英社)

7位『SLAM DUNK 新装再編版(5)』井上雄彦[著](集英社)

8位『SLAM DUNK 新装再編版(6)』井上雄彦[著](集英社)

9位『GIGANT(1)』奥浩哉[著](小学館)

10位『スキップ・ビート! (42)』仲村佳樹[著](白泉社)

〈コミックスランキング 6月5日トーハン調べ〉

Book Bang編集部
2018年6月9日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

新潮社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加