「ONE PIECE」89巻がベストセラー1位 小説版も3冊同時ランクイン

ニュース

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 6月12日トーハンの週刊ベストセラーが発表され、コミックス第1位は『ONE PIECE(89)』が獲得した。
 第2位は『約束のネバーランド(9)』。第3位は『ドラゴンボール超(6)』となった。

 1位となった『ONE PIECE(89)』は作者コメント欄での残留日本兵を題材にした冗談が物議を醸し、発行元の集英社週刊少年ジャンプ編集部が謝罪の文章を発表する流れとなった。

 一方「ONE PIECE」関連作は今週も花盛り。新書ノベルスランキングでも1位に『ONE PIECE novel A 新世界篇(2)』浜崎達也[著]、3位に『ONE PIECE novel A スペード海賊団結成篇(1)』ひなたしょう[著]、9位に『ONE PIECE novel 麦わらストーリーズ』大崎知仁[著]の三作品がランクインし、小説の世界でも大きな存在感を放っている。これだけ多くの人が楽しむ国民的人気マンガだけに厳しい視線が注がれることも致し方のないこと、ということだろうか。

1位『ONE PIECE(89)』尾田栄一郎[著](集英社)

食いわずらいのマムを止めるべくケーキの完成を急ぐサンジ達。一方、不敗の将星カタクリと死闘を演じるルフィに活路はあるのか!? 極限バトルに決着の時が訪れる!! “ひとつなぎの大秘宝”を巡る海洋冒険ロマン!!(集英社ウェブサイトより)

2位『約束のネバーランド(9)』出水ぽすか[著]白井カイウ[原作](集英社)

仲間に導かれてGPの秘密の部屋へと入ったエマは、その中にある永く閉ざされていた扉の鍵を開ける。そして、明らかになったW・ミネルヴァの真意とは!? 永遠の子供達よ、絶望に立ち向かえ! 衝撃の脱獄ファンタジー!!(集英社ウェブサイトより)

3位『ドラゴンボール超(6)』とよたろう[著]鳥山明[原作](集英社)

全王様主催の『力の大会』が開催されることに!! 破壊神達によるお披露目試合が終わり、ルールも決定。優勝以外の宇宙は消滅というこの大会。神を除く第7宇宙最強の10名を選抜するため、奔走する悟空だが!?(集英社ウェブサイトより)

4位『鬼滅の刃(11)』吾峠呼世晴[著](集英社)

5位『転生したらスライムだった件(8)』川上泰樹[漫画]伏瀬[原作]みっつばー[キャラクター原案](講談社)

6位『赤髪の白雪姫(19)』あきづき空太[著](白泉社)

7位『キン肉マン(63)』ゆでたまご[著](集英社)

8位『銀魂(73)』空知英秋[著](集英社)

9位『双星の陰陽師(15)』助野嘉昭[著](集英社)

10位『文豪ストレイドッグス(15)』春河35[著]朝霧カフカ[原作](KADOKAWA)

〈コミックスランキング 6月12日トーハン調べ〉

Book Bang編集部
2018年6月16日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

新潮社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加