村上春樹訳によるジョン・チーヴァーの短篇小説が掲載 柴田元幸との対談も

リリース

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 15日に発売された文芸誌「MONKEY」(vol.15)に、村上春樹訳によるジョン・チーヴァー短篇小説が掲載された。

 翻訳家の柴田元幸が編集長を務める本誌vol.15には、村上が翻訳したジョン・チーヴァーの短篇5作とエッセイ1作を収録するほか、村上と柴田が1940年代から60年代にかけて多くの短編を発表したジョン・チーヴァーについて語った対談が掲載。

 また、本誌では柴田が翻訳したチャールズ・ブコウスキーやシルヴィア・プラス、スティーヴン・ミルハウザーなどの短編小説やバリー・ユアグローと川上未映子による対談が掲載されている。

2018年6月19日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです
  • このエントリーをはてなブックマークに追加