あの金田一少年が「オッサン」になって復活 『金田一37歳の事件簿』1巻がランクイン[コミックスベストセラー]

ニュース

0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 6月26日トーハンの週刊ベストセラーが発表され、コミックス第1位は『ゴールデンカムイ(14)』が獲得した。
 第2位は『七つの大罪(32)』。第3位は『ONE PIECE(89)』となった。

 4位以下で注目は10位にランクインした『金田一37歳の事件簿(1)』天樹征丸[原作]さとうふみや[漫画](講談社)。数々の難事件を解決した天才高校生・金田一一が37歳になって再登場。PR会社で働く冴えない「オッサン」となった金田一は過去3度も殺人事件が起きた歌島でのリゾートイベントを担当することになる。「もう謎は解きたくないんだあああ~!!」と絶叫する金田一だが、やはり4度目の惨劇に巻き込まれる。『金田一少年の事件簿』でヒロインだった七瀬美雪はこれまでの連載には姿を見せてはいないものの「大手航空会社のチーフパーサー」になっていると言及されている。あの天才「金田一少年」がブラック企業伝統の宴会芸を披露する姿も見ものだ。

1位『ゴールデンカムイ(14)』野田サトル[著](集英社)

「のっぺら坊とアシリパを確保せよ!!」水雷艇に乗り現れた…反逆の情報将校。土壇場で杉元を裏切った幕末の英雄。迎え撃つは鬼の典獄率いる網走監獄。鶴見、土方、犬童、杉元! 役者が揃い踏み!! 今宵、戦争が始まるッ!!! 瞬き禁止! 刮目必至の第14巻!!!!!!(集英社ウェブサイトより)

2位『七つの大罪(32)』鈴木央[著](講談社)

三千年の時を超え、聖戦ふたたび! リオネス防衛、魔神族掃討、キャメロット強襲。盟約のもと共に作戦を遂行する〈光の聖痕〉と〈七つの大罪〉。その全てを蹂躙せんと襲い来る魔神軍。総力戦は熾烈を極め、戦況は一切の予断を許さない。一方、野望に燃える「慈愛」のエスタロッサは暴走に暴走を重ね、その毒牙の矛先はエリザベスに!! いま戦いは神の領域へ──!!(講談社ウェブサイトより)

3位『ONE PIECE(89)』尾田栄一郎[著](集英社)

食いわずらいのマムを止めるべくケーキの完成を急ぐサンジ達。一方、不敗の将星カタクリと死闘を演じるルフィに活路はあるのか!? 極限バトルに決着の時が訪れる!! “ひとつなぎの大秘宝”を巡る海洋冒険ロマン!!(集英社ウェブサイトより)

4位『ダイヤのA act2(12)』寺嶋裕二[著](講談社)

5位『聖☆おにいさん(15)』中村光[著](講談社)

6位『かぐや様は告らせたい 天才たちの恋愛頭脳戦(10)』赤坂アカ[著](集英社)

7位『MAJOR 2nd(14)』満田拓也[著](小学館)

8位『古見さんは、コミュ症です。(9)』オダトモヒト[著](小学館)

9位『化物語(1)』西尾維新[原作]大暮維人[漫画・漫画原作](講談社)

10位『金田一37歳の事件簿(1)』天樹征丸[原作]さとうふみや[漫画](講談社)

〈コミックスランキング 6月26日トーハン調べ〉

Book Bang編集部
2018年6月30日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

新潮社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加