女性との会話を楽しむ秘訣は「7:3の法則」!? モテる男性が心がけている会話術とは

イベントレポート

3
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

相手の女性に7割話してもらうためのポイントは、「そうなんだ!」や「なるほどね!」といった感嘆詞を使うこと(写真はイメージ)
相手の女性に7割話してもらうためのポイントは、「そうなんだ!」や「なるほどね!」といった感嘆詞を使うこと(写真はイメージ)

 結婚相談所マリーミーの代表で、カリスマ婚活アドバイザー・植草美幸さんの新刊『男の婚活は会話が8割』(青春出版社刊)の出版記念セミナーが、6月29日に渋谷の大盛堂書店で開催された。

 初対面の人と出会う婚活では「会話」が要。しかし、女性との会話が苦手という男性が年々増えているという。女性から「また会いたい」「ずっと一緒にいたい」と思われる男性は、デート中に女性とどんな会話をしているのか? 今回のイベントでは、そんな「モテる男性の会話術」を中心に講義が進み、後半は参加者も交えてデート時のデモンストレーションが行われるなど会場は大いに盛り上がった。

女性との会話を弾ませる秘訣(1)「7:3の法則」

 講義の冒頭で、初対面の女性とデートをする際に、ある“ボリューム”を意識してほしいと語る植草さん。ここでの“ボリューム”とは声の大きさではなく、「話す量」だという。

「相手に7割話してもらって、自分は3割話す。このぐらいのボリュームでないと、女性が『あんまり話せなかったなぁ』と感じてしまうんです。逆に7割ぐらいお話させてあげるると、『この人とは結構お話できた』と良い印象を与えることができます。これを、『7:3の法則』と呼んでいます」

 この「7:3の法則」のよいポイントは、「女性に7割話してもらうことで、相手のことがよく理解できる」ということ。特に婚活では、決められた期間の中で複数の人と同時進行でお見合いをしていくため、ただ食事や遊びを楽しむだけでなく、相手のことをよく理解する必要があるのだ。

 さらに植草さんは、相手の女性に7割話してもらうためのポイントは、「そうなんだ!」や「なるほどね!」といった感嘆詞を使うことだという。

「女性は、女子同士での会話に慣れているから、会話に抑揚がないと物足りないんです。男性の淡々とした相づちだと、つまらない印象を与えてしまうことも。感嘆詞を入れることで、『この人は自分の話をしっかり聞いてくれている』という安心感を得られるので女性も話しやすくなります」

結婚相談所マリーミーの代表で、カリスマ婚活アドバイザー・植草美幸さん
結婚相談所マリーミーの代表で、カリスマ婚活アドバイザー・植草美幸さん

女性との会話を弾ませる秘訣(2)「AND YOUの法則」

 次に、「会話が苦手な男性にぜひやってみてほしい」と植草さんがすすめたのが「AND YOUの法則」。これは、「自分はこうだけれど、あなたは?」と相手に会話を促す方法だ。これなら相手も話してくれるので、会話が苦手な人でも実践しやすいという。

 また、相手が会話の苦手な女性だった場合の会話の広げ方についてはこう述べた。

「男性側がお手本を見せてあげるんです。例えば、『自分はジョギングなどをしてリフレッシュしています。あなたはストレス解消法などありますか?』と具体的に聞いてあげるのがよいでしょう。『趣味は何ですか?』というようなざっくりとした答えづらい質問ではなく、簡単な言葉で相手に投げかけてみてください」

 会話がうまくつながらない女性の場合は、相手が緊張したり不安にならないよう、男性が気遣って会話を進めてあげてほしいと植草さんは語った。

女性が先に待ち合わせ場所に着いていたら、どう声をかけるのが正解?

 セミナー後半では、デートでの会話のデモンストレーションを実施した。一つ目のテーマは「女性との待ち合わせ」。今回は女性が先に待ち合わせ場所に到着していた場合、男性はどう声をかけるのがベストなのかというシチュエーションで実際に参加者も交えて行った。

 まず、一人目の参加者が待っていた女性に対し「約束の時間より早く来たんだね。何分ぐらい待った?」と声をかけたところ、植草先生から「今のは60点!」と厳しい判定が。

「一番最初に会った瞬間の印象が一番大事。まずは、『待たせちゃってごめんね』など、女性に対する気遣いの言葉をかけてあげてください」

 さらに、「デートの帰り際」というシチュエーションで行ったデモンストレーションでは、「『また会えたらうれしいです』など次につなげられるような言葉をかけましょう」など、植草さんの指摘するポイントに多くの参加者が真剣に耳を傾けていた。

 最後は、植草さんが参加者からのお悩みに答え、今後の婚活活動にエールを送って、和気藹々とした雰囲気の中セミナーは終了した。

 なお、植草さんの新刊『男の婚活は会話が8割』は、今回のイベントで紹介した婚活での会話術をはじめ、会話中の表情やしぐさ、身だしなみまで詳しく解説。まさに、婚活で成功するためのエッセンスが詰まった一冊となっている。

植草美幸
婚活アドバイザー。結婚相談所マリーミー代表、東京恋婚アカデミー校長、株式会社エムエスピー代表取締役。1995年にアパレル業界に特化した人材派遣会社、株式会社エムエスピーを設立。そこで培ったマッチング能力人材発掘能力を生かし、2009年に結婚相談所マリーミーを設立。業界平均15%と言われる成婚率において、マリーミー全体では60%、自身が担当する「植草美幸コース」では80%の成婚率を誇る。そのほか、セミナーの開催、テレビやラジオへの出演など、アラサー・アラフォー男女を「幸せな結婚」に導くために幅広く活動中。

青春出版社
2018年7月4日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

青春出版社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社青春出版社のご案内

1955年創業。「学びたくても学べない人へ」という創業時の熱い思いを機軸に、青春新書・青春文庫をはじめ、実用書や自己啓発書などを出版している青春出版社の公式サイト。
twitterなどへのリンクも含め、新刊・既刊、電子書籍等、皆様へのお役立ち情報をご案内します。