お笑い芸人・小島よしおが絵本作家に 子供も親も「おっぱっぴー!」な一冊が発売

リリース

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お笑い芸人・小島よしお
小島よしお

 お笑い芸人・小島よしおが制作した初の絵本『ぱちょ~ん』(ワニブックス)が7月31日に発売されることが9日、わかった。

「そんなの関係ねぇ!」のギャグでブレークした小島は、2011年からキッズ向けライブに出演するようになり、イトーヨーカドーの新作ランドセルの発表会にゲストとして招かれるなど、“子供向けタレント”として活躍。年間100本以上のキッズ向けライブが契機となり、絵本の制作を考え始めたという。

 出版に際して小島は、「朝が苦手な子どもをもつお母さんからの悩みを聞いたことがきっかけで、『朝が楽しくなる』というコンセプトでいろいろな擬音を考案したのですが、ご自宅でも、自分なりの擬音を親子で考えてみたら、楽しめると思います! この本で、みんなが朝を大好きになってくれたらうれしいです。子どもも親も『おっぱっぴー!』な一冊、ぜひ読んでください!」とコメントを寄せた。

 今回発売される絵本『ぱちょ~ん』には、小島よしおのおもしろボイスが聞ける「QRコードさがし」が付いているほか、1話分の読み聞かせも収録される。

絵本『ぱちょ~ん』小島よしお[作]さかしたイラストレーター[絵]ワニブックス
絵本『ぱちょ~ん』小島よしお[作]さかしたイラストレーター[絵]ワニブックス

2018年7月10日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです
  • このエントリーをはてなブックマークに追加