深緑野分による新連載がスタート 上田早夕里「リラと戦禍の風」第1部が完結

リリース

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この本を盗む者は 連載表紙
この本を盗む者は 連載表紙

 電子書籍「文芸カドカワ」(2018年8月号)で、深緑野分による「この本を盗む者は」の連載がスタートした。

「この本を盗む者は」は、本の町“読長町(よむながまち)”の中心に建つ館から本が盗まれたことにより、不思議な出来事に巻き込まれる女子高生・深冬の奮闘を描いた冒険ファンタジー。

 著者の深緑は、1983年神奈川県生まれ。2010年に「オーブランの少女」が第7回ミステリーズ!新人賞佳作に入選し、作家デビュー。2013年に単行本化された『オーブランの少女』は、2013年度AXNミステリー 闘うベストテン第6位にとなり、2014年に闘うベストテン場外乱闘篇 ROUND2 国内篇第9位にランクインした。2015年に長編小説『戦場のコックたち』を刊行し、直木賞、本屋大賞、大藪春彦賞、日本推理作家協会賞の候補となる。2017年に第66回神奈川文化賞未来賞を受賞している。

 そのほか「文芸カドカワ」では、島根のヒーロー・井戸平左衛門の活躍を描く異色グルメ時代小説「いも殿さま」や文学ムック『たべるのがおそい』編集長による青春小説「ヘディングはおもに頭で」などが掲載、上田早夕里よる歴史ロマン小説「リラと戦禍の風」の第1部が完結し、赤澤竜也による青春音楽小説「まぁちんぐ!」が今号で最終回を迎える。

「文芸カドカワ」は、株式会社KADOKAWAが2014年12月に創刊した大人のエンタテインメント小説誌。「BOOK☆WALKER」ほか各電子書店にて発売。最新号は毎月10日配信予定。
http://bunkado.kadokawa.co.jp/

2018年7月12日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです
  • このエントリーをはてなブックマークに追加