紀伊國屋書店がベトナム書の取り扱いを開始

リリース

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

紀伊國屋書店

 11日、株式会社紀伊國屋書店は、洋書専門店Books Kinokuniya Tokyoにおいてベトナム書の取り扱いを開始することを発表した。新刊やベストセラーなどベトナムの一般書を国内書店で取り扱うのは、日本で初めての試みとなる。

 日越外交関係樹立45周年を迎える今年、在日のベトナム人並びにベトナムに関心のある読者を対象に、ベトナムの出版物2,000冊を展示し、ベトナムの言語・文学・文化・観光・歴史など、幅広くベトナムを知っていただくコーナーを紀伊國屋書店内に新たに開設する予定だ。

 また、紀伊國屋書店は2016年にベトナム最大の書店FAHASAと業務提携し、ベトナム市場で日本語書籍の取り扱いを開始しており、ホーチミンとハノイの2つの都市において、FAHASAの店内に日本語の書籍と文具を取り揃えている。来年にはFAHASAダナン店でも売場を開設する計画がある。

2018年7月12日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです
  • このエントリーをはてなブックマークに追加