〈山田孝之・菅田将暉W主演〉本多孝好が原案・脚本を務めるTVドラマ「dele」が放送開始

映像化

22
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

金曜ナイトドラマ「dele」(テレビ朝日系)
金曜ナイトドラマ「dele」(テレビ朝日系)

『ストレイヤーズ・クロニクル』や『真夜中の五分前』『at Home』などが映画化されている作家・本多孝好が、原案・脚本を務めるTVドラマ「dele」が7月27日から放送を開始する。

 同ドラマは、同名小説『dele』『dele2』を執筆した本多が原案と脚本に初挑戦した、完全オリジナルドラマとなっている。1話完結型のドラマで、金城一紀や瀧本智行、青島武、渡辺雄介、徳永富彦が各回の脚本を担当する。

 ドラマでは、依頼人の死後、パソコンやスマホに遺るデジタル記録を内密に抹消する業務を請け負う会社を立ち上げた坂上圭司を山田孝之が、ひょんなことから圭司の仕事を手伝うことになった真柴祐太郎を菅田将暉が、2人を支える弁護士役を麻生久美子が演じる。

ドラマ概要
■放送予定
2018年7月27日(金)スタート
毎週金曜、午後11:15~深夜0:15放送、テレビ朝日系24局(※一部地域を除く)
■出演
山田孝之/菅田将暉/麻生久美子
■原案・パイロット脚本
本多孝好
■脚本
本多孝好/金城一紀/瀧本智行/青島武/渡辺雄介/徳永富彦

2018年7月13日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです
  • このエントリーをはてなブックマークに追加