「キングダム」最新51巻が2週連続の1位 実写映画キャストの噂も[コミックスベストセラー]

ニュース

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 7月31日トーハンの週刊ベストセラーが発表され、コミックス第1位は『キングダム(51)』が獲得した。
 第2位は『東京喰種 トーキョーグール:re(16)』。第3位は『きのう何食べた?(14)』となった。

 1位となった『キングダム(51)』は2週連続の1位。「キングダム」は4月の50巻発売時に実写映画化されることが発表されている。公式な続報はないが、主演俳優の決定や共演者に人気女優が起用されるとの一部報道も見受けられる。ちなみに2016年4月に公開されたキングダム連載10周年実写特別動画では、俳優の山﨑賢人さんが主役を演じている。SNSなどではファンによるキャストの予想が多数投稿されており、国民的漫画となった「キングダム」だけに大いに期待が高まっている様子がみてとれる。続報が待ち遠しい。

1位『キングダム(51)』原泰久[著](集英社)

国の興亡を賭けた秦趙大戦は熾烈な消耗戦へと突入…!!!! 王翦将軍の命により、朱海平原右翼へ集結した飛信隊全軍。趙軍随一の武を誇る尭雲軍と激突するが…!? 一方、戦況の報告を待ちわびる咸陽へようやく前線からの伝者が辿り着く。そこで語られる衝撃の事態とは…!? 秦VS趙、一進一退の攻防戦は佳境へ!!!!(集英社ウェブサイトより)

2位『東京喰種 トーキョーグール:re(16)』石田スイ[著](集英社)

「なにもできないのは もういやなんだ」“人類総喰種化”が進む東京。「毒」の根源を絶つために、〔CCG〕と“喰種”は力を結集して、カネキとアヤトを地下24区へ。そこに立ちはだかる、旧多二福。自身を「この世界」に招き入れた“元凶”を前に、カネキが望んだこととは…? そして、“東京”と“喰種”の未来は──…?(集英社ウェブサイトより)

3位『きのう何食べた?(14)』よしながふみ[著](講談社)

今回のメニューは白がゆサバの竜田焼ニラとトマト入り麻婆豆腐フェナンシェ豚の角煮カツ丼ピーマンとじゃこの和風パスタ…etc(講談社ウェブサイトより)

4位『月刊少女野崎くん(10)』椿いづみ[著](スクウェア・エニックス)

5位『黒執事(27)』枢やな[著](スクウェア・エニックス)

6位『GIANT KILLING(48)』ツジトモ[画]綱本将也[作](講談社)

7位『思い、思われ、ふり、ふられ(9)』咲坂伊緒[著](集英社)

8位『岸辺露伴は動かない(2)』荒木飛呂彦[著](集英社)

9位『椿町ロンリープラネット(11)』やまもり三香[著](集英社)

10位『ジョジョリオン(18)』荒木飛呂彦[著](集英社)

〈コミックスランキング 7月31日トーハン調べ〉

Book Bang編集部
2018年8月4日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

新潮社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加