IKKOがドラマで示した「日本の未来におこること」その悲惨さに「どんだけ~」[新書ベストセラー]

ニュース

3
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


「未来の年表」シリーズの二冊。

 9月18日トーハンの週刊ベストセラーが発表され、新書第1位は『極上の孤独』が獲得した。
 第2位は『友だち幻想 人と人の〈つながり〉を考える』。第3位は『昭和の怪物 七つの謎』となった。

 4位以下で注目は5位と6位にランクインした「未来の年表」シリーズの二冊。9月8日に放送された日本テレビ系バラエティ番組「世界一受けたい授業」に著者の河合雅司さんが出演し話題となった。『未来の年表 人口減少日本でこれから起きること』では少子化と高齢者の激増が重なり、社会の支え手が不足し様々な問題が同時多発的に噴出する悲劇的な未来が描かれている。番組ではこれからの日本で起こる出来事がIKKOさんに降りかかるという設定のドラマが放送された。

 河合さんによると2029年には物流ドライバーの不足が深刻化し自動販売機で飲み物が手に入らなくなるという。そのため災害時に提供されるはずの飲み物が不足するなどの問題が発生する。また2030年には農業の後継者不足で野菜が手にはいらず、野菜が食卓に並ぶことが無くなるという。2033年には全国の家の3分の1が空き家となり、スズメバチが大量発生し街を歩いているだけで襲われることになるという。2042年には身寄りのない高齢者の犯罪が増え、身元引受人もなく社会復帰できない人が多くなり、再犯率がさらにあがると解説された。

 河合さんは同書と『未来の年表(2)人口減少日本であなたに起きること』のなかで真っ暗な「未来の年表」を明るい年表にするための解説策も提言している。番組でも現代のような便利すぎる生活からの脱却や、働けるうちは高齢者でも働く必要があること、また約71万人いるといわれる「ニート」が働きやすい環境をつくることが大切だと解説された。

■新書 ノンフィクションランキング

1位『極上の孤独』下重暁子[著](幻冬舎)

現代では「孤独=悪」だというイメージが強く、たとえば孤独死は「憐れだ」「ああはなりたくない」と一方的に忌み嫌われる。しかし、それは少しおかしくないか。そもそも孤独でいるのは、まわりに自分を合わせるくらいなら一人でいるほうが何倍も愉しく充実しているからで、成熟した人間だけが到達できる境地でもある。「集団の中でほんとうの自分でいることは難しい」「孤独を味わえるのは選ばれし人」「孤独を知らない人に品はない」「素敵な人はみな孤独」等々、一人をこよなく愛する著者が、孤独の効用を語り尽くす。(幻冬舎ウェブサイトより)

2位『友だち幻想 人と人の〈つながり〉を考える』菅野仁[著](筑摩書房)

「みんな仲良く」という理念、「私を丸ごと受け入れてくれる人がきっといる」という幻想の中に真の親しさは得られない。人間関係を根本から見直す、実用的社会学の本。(筑摩書房ウェブサイトより)

3位『昭和の怪物 七つの謎』保阪正康[著](講談社)

昭和史研究の第一人者が出会った「戦争の目撃者たち」。東條英機、石原莞爾、犬養毅、渡辺和子、瀬島龍三、吉田茂が残した「歴史の闇」に迫る。(同書帯より)

4位『日本史の論点 邪馬台国から象徴天皇制まで』中公新書編集部[編](中央公論新社)

5位『未来の年表(2)人口減少日本であなたに起きること』河合雅司[著](講談社)

6位『未来の年表 人口減少日本でこれから起きること』河合雅司[著](講談社)

7位『信長はなぜ葬られたのか 世界史の中の本能寺の変』安部龍太郎[著](幻冬舎)

8位『日本史の内幕 戦国女性の素顔から幕末・近代の謎まで』磯田道史[著](中央公論新社)

9位『知らなきゃよかった 予測不能時代の新・情報術』池上彰[著]佐藤優[著](文藝春秋)

10位『遺言。』養老孟司[著](新潮社)

■新書 ノベルスランキング

1位『インド倶楽部の謎』有栖川有栖[著](講談社)

2位『僕のヒーローアカデミア THE MOVIE 2人の英雄』誉司アンリ[小説]堀越耕平[原作](集英社)

3位『天使たちの課外活動(6)テオの秘密のレストラン』茅田砂胡[著](中央公論新社)

4位『松本-鹿児島殺人連鎖 人情刑事・道原伝吉』梓林太郎[著](徳間書店)

5位『十津川警部 長崎 路面電車と坂本龍馬』西村京太郎[著](祥伝社)

6位『美食の夜に抱かれて』日向唯稀[著](笠倉出版社)

7位『世界最終大戦(5)日米全面反攻!』羅門祐人[著](電波社)

8位『ONE PIECE novel A スペード海賊団結成篇(1)』尾田栄一郎[原作]ひなたしょう[著](集英社)

9位『僕のヒーローアカデミア(3) 雄英白書』堀越耕平[原作]誉司アンリ[小説](集英社)

10位『不屈の海(2)グアム沖空母決戦』横山信義[著](中央公論新社)

〈新書 ノンフィクション / 新書 ノベルス ランキング 9月18日トーハン調べ〉

Book Bang編集部
2018年9月22日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

新潮社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加