上質な幻想文学の香り! ファンタジー漫画『魔法使いの嫁』新章の舞台は「魔法学園」

ニュース

5
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 9月18日トーハンの週刊ベストセラーが発表され、コミックス第1位は『ONE PIECE(90)』が獲得した。
 第2位は『魔法使いの嫁(10)』。第3位は『僕のヒーローアカデミア(20)』となった。

 2作の王道少年マンガに挟まれた2位の『魔法使いの嫁(10)』は日本では異色のファンタジー。月刊コミックガーデンで連載中の同作は、童話のようなふんわりとした世界観のなかで繰り広げられる人外のものと人間の女の子の異種婚姻譚。

 作者のヤマザキさんはイギリスの児童文学に影響を受けていることを公言するだけに、同作からも海外の幻想文学の香りが漂っている。世界観の作り込みはしっかりとしているが、作品上では上品にほのめかす程度に語られる部分もあるだけに、世界観を理解するには「公式副読本」が役に立つ。副読本2冊めとなる『魔法使いの嫁 公式副読本 SupplementII』(マッグガーデン)も10巻と同時発売となった。副読本では各話の解説とともに「魔法使いの嫁」世界の下地となった神話や民話の紹介がされている。またファンタジーものとしての評価だけではなく恋愛ものしても高い評価を受ける作品だけに、副読本では登場人物たちの心情についてまで触れられている。「魔法使いの嫁」の世界にどっぷりと浸ることができるため、ファンには嬉しい一冊となっている。

 10巻で物語は新章に突入し、魔法を学ぶ「学院」でのストーリーが始まった。作者が好きな「ハリー・ポッター」ばりの大河魔法学園ものになるのか、先の展開が気になる。

1位『ONE PIECE(90)』尾田栄一郎[著](集英社)

海に浮かぶ麦わら一味の海賊旗…。マム一味の襲撃に耐え切れず、やられてしまったのか!? 緊迫のWCI編、完結!! ──そして様々な思惑渦巻く「世界会議」編突入!! “ひとつなぎの大秘宝”を巡る海洋冒険ロマン!!(集英社ウェブサイトより)

2位『魔法使いの嫁(10)』ヤマザキコレ[著](マッグガーデン)

3位『僕のヒーローアカデミア(20)』堀越耕平[著](集英社)

一年に一度催される夢の宴(文化祭)。学徒たちによる趣向を凝らした催し物で悦楽に浸る者たちがいる一方、心に闇を抱く者がいるのも事実。ならば皆を笑顔にしてこそヒーロー! “Plus Ultra”!!(集英社ウェブサイトより)

4位『夏目友人帳(23)』緑川ゆき[著](白泉社)

5位『食戟のソーマ(31)』附田祐斗[原作]佐伯俊[作画]森崎友紀[協力](集英社 )

6位『ドラゴンボール超(7)』とよたろう[著]鳥山明[原作](集英社)

7位『MFゴースト(3)』しげの秀一[著](講談社)

8位『カードキャプターさくら クリアカード編(5)』CLAMP[著](講談社)

9位『DAYS(29)』安田剛士[著](講談社)

10位『五等分の花嫁(6)』春場ねぎ[著](講談社)

〈コミックスランキング 9月18日トーハン調べ〉

Book Bang編集部
2018年9月22日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

新潮社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加