2018年全米図書賞が発表 翻訳文学部門で多和田葉子『献灯使』が受賞

文学賞・賞

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

英語版『The Emissary』多和田葉子[著]マーガレット満谷[訳]
英語版『The Emissary』多和田葉子[著]マーガレット満谷[訳]

 米国において最も権威のある文学賞の一つとされる全米図書賞(National Book Awards)が14日に発表され、第69回翻訳書部門でドイツ在住の作家で詩人の多和田葉子さんの小説『献灯使(The Emissary)』が選ばれた。

『献灯使』は、大災厄に見舞われ、外来語も自動車もインターネットもなくなった鎖国状態の日本を舞台にしたディストピア小説。著者の多和田さんは、1960年東京都生まれ。1991年に『かかとを失くして』で群像新人賞、1993年に『犬婿入り』で芥川賞を受賞。日独二ヶ国語で作品を発表しており、2016年にクライスト賞を受賞。2006年よりベルリン在住。

「全米図書賞(National Book Awards)」は、米国で最も権威のある文学賞の一つ。1950年3月15日に、複数の出版社グループによって創設され、現在は全米図書協会によって運営されている。小説・ノンフィクション・詩・翻訳文学・児童文学の5部門があり、受賞者には副賞が贈られる。

Book Bang編集部
2018年11月16日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

新潮社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加