北原白秋と山田耕筰を描いた映画「この道」が2019年1月に公開

映像化

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

©2019映画「この道」製作委員会
©2019映画「この道」製作委員会

 詩人・北原白秋の波乱に満ちた半生と、音楽家・山田耕筰との友情を描いた映画「この道」が、2019年1月11日に公開される。

 映画「この道」は、「この道」「からたちの花」「ペチカ」「赤い鳥小鳥」など、それまでドイツ民謡に日本語の歌詞を乗せた童謡しかなかった時代に、日本人による日本人のための新しい「歌」を誕生させた詩人・北原白秋と音楽家・山田耕作を描いた作品。

 北原白秋を大森南朋、山田耕筰をAKIRA。白秋と関わる鈴木三重吉役は柳沢慎吾、与謝野鉄幹、晶子夫妻は、松重豊と羽田美智子、白秋の最初の妻・俊子は松本若菜、三度目の妻・菊子は貫地谷しほりが演じる。監督は、「陽はまた昇る」「半落ち」「ツレがうつになりまして。」などを手掛けてきた佐々部清が務める。また、本作の主題歌「この道」をEXILEのメンバーのATSUSHIがカバーしている。

2018年12月7日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです
  • このエントリーをはてなブックマークに追加