村上春樹の恋愛小説が収録されたアンソロジー『運命の恋』が発売

リリース

4
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 村上春樹、角田光代、山白朝子、中島京子、池上永一、唯川恵による恋愛小説が収録された短編集『運命の恋』が6月14日(金)に発売された。

『運命の恋』は、悲しい恋やコミカルな恋、ロマンチックな恋など「運命」に翻弄される人間の、さまざまな姿を味わえる短編集。村上春樹、角田光代、山白朝子、中島京子、池上永一、唯川恵という恋愛小説の名手たちによる最高の恋愛小説アンソロジーだ。

【収録作品】
「四月のある晴れた朝に100パーセントの女の子に出会うことについて」村上春樹
「誕生日休暇」角田光代
「布団の中の宇宙」山白朝子
「おさなななじみ」中島京子
「宗教新聞」池上永一
「僕の愛しい人」唯川恵

2019年6月19日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです
  • このエントリーをはてなブックマークに追加