稲垣吾郎 注目のラジオ生出演で語ったこと 「最近のおすすめ本は……」

ニュース

327
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


稲垣吾郎

「新しい地図」の稲垣吾郎さんが12日、TBSラジオ「金曜たまむすび」に出演し、おすすめの本について語った。

 番組に登場した稲垣さんは、視聴者からの質問で、最近読んだおすすめの本について問われると、2019年本屋大賞を受賞した瀬尾まいこさんの『そして、バトンは渡された』(文藝春秋)をあげた。「よかったですよ。もしゴロウ・デラックスがあったら絶対にお呼びしたかったなあ。僕と同い年の女流作家さんなんですけど」と自身が司会を務め今年3月に惜しまれつつも終了したTBSの読書バラエティ番組「ゴロウ・デラックス」の名前を挙げながら残念がった。

「金曜たまむすび」は「ゴロウ・デラックス」で稲垣さんのアシスタントを務めていたTBSの外山惠理アナウンサーと、稲垣さんも親交のある玉袋筋太郎さんがパーソナリティを務めている。稲垣さんは5カ月ぶりにゲスト出演し、今秋上演される主演ミュージカル「君の輝く夜に~FREE TIME,SHOW TIME~」を告知した。

 久しぶりの出演に稲垣さんは、「またすぐ呼んでくださいよ。ブランク空きすぎたんじゃないですか。呼んで! 番宣とかじゃなくて」と外山アナとの絆を感じさせる発言も。また下町感あふれる言動で稲垣さんとは対象的な雰囲気の玉袋筋太郎さんとも、前回出演時に玉袋さんからプレゼントされた「長ドス」を寝室に置いていることを明かしながら気の合う様子を見せていた。

『プロレス取調室』シリーズ(毎日新聞出版)や『男子のための人生のルール』(イースト・プレス)などの著書がある玉袋筋太郎さんも、今読んでいる本として『実録・国際プロレス』Gスピリッツ編集部[編](辰巳出版)をあげた。

 稲垣さんはAbemaTVで放送されているレギュラー番組「7.2 新しい別の窓」の7月7日放送回で、新企画「インテリゴロウ」をスタート。この企画が「ゴロウ・デラックス」の後を継ぐような内容と話題だ。「文学作品や映画に携わる文化人を招き、その人物にぐっと切り込む」 という趣旨で、第1回はシックで豪華な調度品に囲まれたスタジオで映画監督の白石和彌さんを迎え、香取慎吾さん主演映画「凪待ち」(6月28日から公開中)について語り合った。

「君の輝く夜に~FREE TIME,SHOW TIME~」は8月30日から9月23日まで東京・日本青年館ホールにて上演が予定されている。

Book Bang編集部
2019年7月13日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

新潮社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加