恩田陸原作の映画「蜜蜂と遠雷」の予告編が公開 ブルゾンちえみの出演も決定

映像化

9
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


映画「蜜蜂と遠雷」ポスタービジュアル

 2019年10月4日に公開される恩田陸原作の映画「蜜蜂と遠雷」の予告編とポスタービジュアルが公開された。あわせて、お笑い芸人・ブルゾンちえみの出演が明らかになった。ブルゾンの実写映画出演は今回が初めて。

 映画「蜜蜂と遠雷」は、史上初の快挙となる直木賞と本屋大賞のW受賞を果たした恩田陸の小説が原作。養蜂家の父とともに各地を転々とし、自宅にピアノを持たず、演奏歴やコンテストも経験もない謎の少年・風間塵。かつて天才少女として国内外のジュニアコンクールを制覇するも母を亡くして以来、長らくピアノが弾けなかった栄伝亜夜。国内有数のコンクールで5位の実績を持ち、音大卒業後は楽器店に勤務しながらピアノの練習を続ける妻子を持ちの高島明石。完璧な演奏技術と音楽性で優勝候補と目されるマサル・C・レヴィ=アナトールなど、世界的に注目を集めるピアノコンクールを舞台に、数多の天才たちの挑戦と成長を描いた小説を実写で描く。

 発表によると、亜夜役を松岡茉優、明石役を松坂桃李、マサル役を森崎ウィン、塵役をオーディションで選ばれた新人俳優・鈴鹿央士が演じる。ブルゾンは明石の幼なじみでジャーナリストの雅美役を担当する。ジャーナリストとしてドキュメンタリー番組を撮るため、ピアニストたちに鋭いインタビューをする反面、友人として明石を見守り、励ます役どころだ。監督は、「愚行録」で長編監督デビューを果たし、新藤兼人賞銀賞、ヨコハマ国際映画祭、日本プロフェッショナル大賞・新人監督賞を受賞している石川慶が務める。

 本作は、原作の繊細な“文章”による楽曲の表現に映像化不可能と言われていたが、日本最高峰のピアニストとされる河村尚子、福間洸太朗、金子三勇士、藤田真央が、それぞれのキャラクターに沿った演奏で一音の妥協なく“音楽”を作り上げている。

2019年7月19日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです
  • このエントリーをはてなブックマークに追加