「クマとたぬき」の幸せな日常を描いた動物漫画 新刊がベストセラー

ニュース

4
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 7月17日トーハンの週刊ベストセラーが発表され、単行本 ノンフィクション・教養書他第1位は『70歳のたしなみ』が獲得した。
 第2位は『「大家さんと僕」と僕』。第3位は『樹木希林 120の遺言 死ぬときぐらい好きにさせてよ』となった。

 4位以下で注目は7位に初登場の『クマとたぬき(2)』。イラスト投稿サイトpixivやTwitterで人気の動物漫画。おだやかなクマとお調子者のたぬきの日常を描く。二匹の仲の良さと楽しい日常に「癒やされる」と評判で累計12万部を突破している。ウェブには掲載されていない描き下ろし長編も収録されている。

1位『70歳のたしなみ』坂東眞理子[著](小学館)

人生100年時代を生きる後半生の教科書! 70代というのは新しいゴールデンエイジ――人生の黄金時代である。最も人生で幸福なのはいつ頃か――と問われたら、現代では70代ではないだろうか。「もう」70歳だから「今さら」何をしても遅すぎる、「どうせ」成果は上がらないと自分をおとしめるのはやめよう。330万部の大ベストセラー『女性の品格』から13年、昭和女子大学理事長・坂東眞理子さんが人生100年時代に放つ「後半生の生き方論」の決定版!(小学館ウェブサイトより抜粋)

2位『「大家さんと僕」と僕』矢部太郎 ほか [著](新潮社)

デビュー作がいきなりのベストセラーとなった矢部さん=僕は、予想外の出来事に次々と巻き込まれます。手塚治虫文化賞受賞、殺到する取材依頼、憧れの方との対談、そして……。ちばてつや、里中満智子、秋本治、糸井重里ら豪華執筆陣のイラストやメッセージも収録。『大家さんと僕』をもっと好きになる、盛りだくさんの番外編本。(新潮社ウェブサイトより)

3位『樹木希林 120の遺言 死ぬときぐらい好きにさせてよ』樹木希林[著](宝島社)

樹木希林 120の遺言 とにかく、世の中を面白がること。老いだって、病気だって自分の栄養になる。孤独、成熟、家族、仕事… 希林さんが教えてくれた あるがままの生き方(宝島社ウェブサイトより)

4位『俺、つしま(2)』おぷうのきょうだい 作[著](小学館)

5位『歎異抄をひらく』高森顕徹[著](1万年堂出版)

6位『公式ガイド&レシピ きのう何食べた? シロさんの簡単レシピ』講談社[編](講談社)

7位『クマとたぬき(2)』帆[著](KADOKAWA)

8位『東大ナゾトレ 東京大学謎解き制作集団AnotherVisionからの挑戦状(10)』東京大学謎解き制作集団AnotherVision[編](扶桑社)

9位『私は私のままで生きることにした』キム・スヒョン[著]吉川 南[訳](ワニブックス)

10位『日本国紀』百田尚樹[著](幻冬舎)

〈単行本 ノンフィクション・教養書他ランキング 7月17日トーハン調べ〉

Book Bang編集部
2019年7月20日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

新潮社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加