『GACKTの勝ち方』ビジネス書ベストセラーランキング入り

ニュース

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 10月8日トーハンの週刊ベストセラーが発表され、ビジネス書第1位は『FACTFULNESS(ファクトフルネス)10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣』が獲得した。
 第2位は『Think clearly 最新の学術研究から導いた、よりよい人生を送るための思考法』。第3位は『会社四季報 業界地図 2020年版』となった。

 4位以下で注目は6位に再ランクインした『GACKTの勝ち方』。ミュージシャン、俳優、実業家としても活躍するGACKTさんの最新著作にして初のビジネス書。帯には「なぜGACKTはそんなにお金があるのか?」との文字が踊っている。SNSなどでは「本当にお金があるのか?」「何に勝っているのか?」などと辛辣な評が見受けられるが、GACKTさんが本書で語っているのは、セルフブランディング法やブラフのかけ方。表から見える「GACKT像」を作り上げるための類まれな努力が語られ、それを支えるメンタル術には誰しも参考になる部分があるだろう。

1位『FACTFULNESS(ファクトフルネス)10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣』ハンス・ロスリング、オーラ・ロスリング、アンナ・ロスリング・ロンランド[著](日経BP社)

教育、貧困、環境、エネルギー、医療、人口問題などをテーマに、世界の正しい見方をわかりやすく紹介 本書では世界の本当の姿を知るために、教育、貧困、環境、エネルギー、人口など幅広い分野を取り上げている。いずれも最新の統計データを紹介しながら、世界の正しい見方を紹介している。これらのテーマは一見、難しくて遠い話に思えるかもしれない。でも、大丈夫。著者のハンス・ロスリング氏の説明は面白くてわかりやすいと評判だ。その証拠に、彼のTEDトークの動画は、累計3500万回も再生されている。また、本書では数式はひとつも出てこない。「GDP」より難しい経済用語は出てこないし、「平均」より難しい統計用語も出てこない。誰にでも、直感的に内容を理解できるように書かれている。(日経BPウェブサイトより抜粋)

2位『Think clearly 最新の学術研究から導いた、よりよい人生を送るための思考法』ロルフ・ドベリ[著]安原実津[訳](サンマーク出版)

簡単に揺らぐことのない幸せな人生を手に入れるための「52の思考法」(サンマーク出版ウェブサイトより)

3位『会社四季報 業界地図 2020年版』東洋経済新報社[編](東洋経済新報社)

『会社四季報』記者が172業界4030社の今とこれからを執筆。『業界地図』の最新版。業界内における企業の業績や順位、提携関係などを「地図」の形にして、視覚的にわかりやすく解説 さまざまな業界を「深く広く」知るには最適なこの1冊。(東洋経済新報社ウェブサイトより)

4位『心。』稲盛和夫[著](サンマーク出版)

5位『読みたいことを、書けばいい。 人生が変わるシンプルな文章術』田中泰延[著](ダイヤモンド社)

6位『GACKTの勝ち方』GACKT[著](NORTH VILLAGE 発行/サンクチュアリ出版 発売)

7位『学びを結果に変えるアウトプット大全』樺沢紫苑[著](サンクチュアリ出版)

8位『嫌われる勇気 自己啓発の源流「アドラー」の教え』岸見一郎[著]古賀史健[著](ダイヤモンド社)

9位『メモの魔力 The Magic of Memos』前田裕二[著](幻冬舎)

10位『日経業界地図 2020年版』日本経済新聞社[編](日本経済新聞出版社)

〈単行本 ビジネス書ランキング 10月8日トーハン調べ〉

Book Bang編集部
2019年10月12日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

新潮社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加