平野啓一郎『マチネの終わりに』が映画化 福山雅治、石田ゆり子主演

映像化

0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


「マチネの終わりに」ポスタービジュアル ©2019 フジテレビジョン アミューズ 東宝 コルク

 平野啓一郎『マチネの終わりに』を原作とした映画が、2019年11月1日に全国公開される。

『マチネの終わりに』は、38歳の天才クラシックギタリスト・蒔野聡史と、2歳年上の小峰洋子の切なすぎる恋の行方を軸に、芸術と生活、父と娘、グローバリズム、生と死など、現代的テーマを重層的に描かれた恋愛小説。第2回渡辺淳一文学賞を受賞している。

 映画では、蒔野役を福山雅治、小峰役を石田ゆり子が演じるほか、伊勢谷友介や桜井ユキ、木南晴夏、風吹ジュン、板谷由夏、古谷一行などが出演する。監督は「美女か野獣」「ガリレオ」を手掛けたほか、現在放送中の連続ドラマ「シャーロック」で演出を担当している西谷弘、脚本は「きらきらひかる」「GOOD LUCK!!」「マチベン」を執筆した井上由美子が担当している。

 原作者の平野啓一郎は、1975年愛知県生れ。京都大学法学部在学中に文芸誌「新潮」に投稿した『日蝕』により芥川賞を当時最年少で受賞し、デビュー。以後、数々の作品を発表し、各国で翻訳紹介されている。2009年に『決壊』で芸術選奨文部科学大臣新人賞受賞、2010年に『ドーン』でBunkamuraドゥマゴ文学賞受賞、2019年に『ある男』で読売文学賞を受賞している。その他著書に『文明の憂鬱』『葬送』『高瀬川』『滴り落ちる時計たちの波紋』『あなたが、いなかった、あなた』『かたちだけの愛』『空白を満たしなさい』『透明な迷宮』などがある。

2019年10月25日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです
  • このエントリーをはてなブックマークに追加