ラグビー日本代表の偉業を冊子でも快哉! フルカラーの全記録がベストセラーに

ニュース

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 10月29日トーハンの週刊ベストセラーが発表され、単行本 ノンフィクション・教養書他第1位は『ひとりで生きる 大人の流儀(9)』が獲得した。
 第2位は『「日本国紀」の天皇論』。第3位は『「週刊現代」特別編集 オールカラー ラグビー日本代表 初の8強入り全記録 2019年10月、日本列島に桜咲く!』となった。

 ラグビーワールドカップ2019での日本代表の大躍進を受け、緊急出版されたグラビア誌が3位にランクイン。日本代表のメンバー紹介や1次リーグ4試合の詳報、その他1次リーグの全40試合を振り返る他、コラム、会場ガイドなど充実した内容となっている。日本ラグビー史に残る偉業をたっぷりと振り返った一冊だ。

1位『ひとりで生きる 大人の流儀(9)』伊集院静[著](講談社)

一人で生きることを自覚せよ、と言っても、そう簡単にできるものではない。泣く雨の夕暮れも、一人で膝をかかえて星を見上げる夜半もあるであろう。孤独というものには、やるせなさがどこかに隠れている。なのに一人で生きようとしている人には、家族、兄弟姉妹、仲間、同僚、友と日々、逢ったり、連絡を取り合って、普通に生きている人たちには、ないものがある。あの潔さに似たものは何なのだろうか? ひとりで生きることは、一見淋しいものに思えるが、実は美しい人間の姿であるのかもしれない。――伊集院静 シリーズ累計195万部超の大ベストセラー第9弾。(講談社ウェブサイトより)

2位『「日本国紀」の天皇論』百田尚樹[著]有本香[著](産経新聞出版)

3位『「週刊現代」特別編集 オールカラー ラグビー日本代表 初の8強入り全記録 2019年10月、日本列島に桜咲く!』週刊現代[編](講談社)

もう、「奇跡」とは呼ばせない。世界が驚いたアイルランド戦、日本代表が悲願となる初の8強入りを決めたスコットランド戦はもちろん、4連勝を飾った第1次リーグの全4試合をオールカラーで緊急出版。福岡が、姫野が、松島が、田村が、リーチマイケルが躍動する。(講談社ウェブサイトより)

4位『Stage For~ 舌がん「ステージ4」から希望のステージへ』堀ちえみ[著](扶桑社)

5位『70歳のたしなみ』坂東眞理子[著](小学館)

6位『M 愛すべき人がいて』小松成美[著](幻冬舎)

7位『大家さんと僕 これから』矢部太郎[著](新潮社)

8位『潜行三千里 完全版』辻政信[著](毎日ワンズ)

9位『ステキな奥さん うぷぷっ(3)』伊藤理佐[著](朝日新聞出版)

10位『ほむら先生はたぶんモテない(2)』せかねこ[著](KADOKAWA)

〈単行本 ノンフィクション・教養書他ランキング 10月29日トーハン調べ〉

Book Bang編集部
2019年11月2日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです
  • このエントリーをはてなブックマークに追加