第7回ブクログ大賞が決定 辻村深月、ヤマシタトモコ、ブレイディみかこほか

文学賞・賞

8
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 本日12日に、ブックレビューコミュニティサイト「ブクログ」が主催する第7回ブクログ大賞の大賞作品が発表された。

 ブクログ大賞は、読書管理サービス「ブクログ」による、本好きのみなさんで本当におもしろい本を決める書籍大賞。「小説」「マンガ」「ビジネス書」「エッセイ・ノンフィクション」「人文書」「海外小説」の6部門あり、ユーザーの投票に加え、ブクログでの評価やレビューなどをあわせて、総合的に大賞作品を決定する。

 小説部門の大賞作品は、昨年に続き辻村深月さんの『傲慢と善良』(朝日新聞出版)、マンガ部門ではヤマシタトモコさんの『違国日記 4』(祥伝社)が、エッセイ・ノンフィクション部門ではイギリス在住のブレイディみかこさんの『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー』(新潮社)などが大賞となった。

 以下、第7回ブクログ大賞の各部門受賞作品


■小説部門
『傲慢と善良』辻村深月[著]朝日新聞出版

■マンガ部門
『違国日記 4』ヤマシタトモコ[著]祥伝社

■ビジネス書部門
『岩田さん 岩田聡はこんなことを話していた。』ほぼ日刊イトイ新聞[著]株式会社ほぼ日

■エッセイ・ノンフィクション部門
『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー』ブレイディみかこ[著]新潮社

■人文・自然科学部門
『ホモ・デウス 上: テクノロジーとサピエンスの未来』ユヴァル・ノア・ハラリ[著]河出書房新社

■海外小説部門
『三体』劉慈欣[著]早川書房

Book Bang編集部
2019年11月14日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

新潮社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加