北川景子のママ役も話題 「約束のネバーランド」最新18巻がベストセラー

ニュース

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 3月10日トーハンの週刊ベストセラーが発表され、コミックス第1位は『僕のヒーローアカデミア(26)』が獲得した。
 第2位は『約束のネバーランド(18)』。第3位は『ハイキュー!!(42)』となった。

 2位の「約束のネバーランド」は孤児院で暮らしてきた子どもたちが鬼の食料になると気づき決死の脱出に挑む脱獄ファンタジー。2020年12月に実写映画の公開も予定されている。先日孤児院のママ・イザベラ役を女優の北川景子さんが演じることが明らかになった。はじめは子どもたちの優しいママとして登場し、裏の顔をもつ難しい役を演じる北川さん。しかし当初このマンガのクオリティを落とさずに実写映画にするのは不可能ではないかと考えていたという。しかし監督を務める平川雄一朗さんとの信頼関係もあり、「イザベラの年齢設定やキャラクター含め原作の設定を一つも変えないという確約をいただけましたので、思い切ってお受けしようと決めました。」とマンガ愛のあるコメントを出している。また渡辺直美さん、浜辺美波さん、城桧吏さん、板垣李光人さんらの出演も決まっている。

1位『僕のヒーローアカデミア(26)』堀越耕平[著](集英社)

ホークスと公安が秘密裏に得た情報。来たる日の敵の決起に備え、戦力の保険として学生の底上げを図る。そのためのインターン…か。いいだろう! この現No.1ヒーローがお前たち3人を徹底的に鍛え上げてやる! “Plus Ultra”!!(集英社ウェブサイトより)

2位『約束のネバーランド(18)』出水ぽすか[漫画]白井カイウ[原作](集英社)

エマとレイは王家の城内でノーマンとの再会を果たす。和平と絶滅、達成を目前にした双方は進むべき道をかけ対峙する。行き着く先は決別か、それとも…!? 永遠の子供達よ、絶望に立ち向かえ! 衝撃の脱獄ファンタジー!!(集英社ウェブサイトより)

3位『ハイキュー!!(42)』古舘春一[著](集英社)

体調不良で日向がコートを離れ、烏野高校排球部は主力を欠いたまま鴎台との決着へと臨む──…! 途方もない悔しさと共に中継画面越しのコートをみつめて、日向はそこに何を見出すのか…春高バレー編完結!!(集英社ウェブサイトより)

4位『鬼滅の刃(1)』吾峠呼世晴[著](集英社)

5位『鬼滅の刃(2)』吾峠呼世晴[著](集英社)

6位『鬼滅の刃(3)』吾峠呼世晴[著](集英社)

7位『鬼滅の刃(4)』吾峠呼世晴[著](集英社)

8位『鬼滅の刃(5)』吾峠呼世晴[著](集英社)

9位『鬼滅の刃(6)』吾峠呼世晴[著](集英社)

10位『鬼滅の刃(13)』吾峠呼世晴[著](集英社)

〈コミックスランキング 3月10日トーハン調べ〉

Book Bang編集部
2020年3月14日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

新潮社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加