村上春樹が自宅の書斎からエール 「村上RADIO」特別版が放送

イベント

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 作家の村上春樹がディスクジョッキーを務めるラジオ番組「村上RADIO」が、5月22日(金)にTOKYO FMをはじめとするJFN38局ネットで放送される。

 今回は新型コロナウイルスをめぐる厳しい状況やつらい気持ちを、音楽の力で少しでも吹き飛ばせたら……そんな村上春樹さんの強い思いに応えた、『村上RADIO』の特別版『ステイホームスペシャル~明るいあしたを迎えるための音楽』を放送する。

 なお、収録はTOKYO FMのスタジオではなく、村上さんの自宅書斎で行い、これまで以上に心をこめて選曲するという。

 また番組内では、5月17日(日)23時59分までにリスナーから寄せられた「いま、村上春樹さんと語りたいこと」「村上春樹さんと考えたいこと」というメッセージに真摯に向き合い、時にはユーモアも交えながら、村上さんならではの知恵や明るいあしたを迎えるための希望の道筋を語る。

番組概要
■タイトル
村上RADIO ステイホームスペシャル ~明るいあしたを迎えるための音楽
■放送日時
2020年5月22日(金)22:00~23:55
※『SCHOOL OF LOCK! FRIDAY』は放送休止。途中、22時55分~23時00分は「TOKYO FM NEWS」を放送
■放送局
TOKYO FM/JFN全国38局フルネット
■パーソナリティ
村上春樹
■提供
DNP大日本印刷
■番組内容
作家・村上春樹がラジオDJに挑戦し、自ら選曲も担当する特別番組シリーズ。第1回は2018年8月5日(日)放送の、村上春樹自身が走っているときに聴いている音楽を集めた「RUN&SONGS」です。その後、秋に聞きたい名曲をチョイスした第2回10月21日(日)「秋の夜長は村上ソングスで」、第3回として12月16日(日)には、どこの番組でもかかっていないようなクリスマス・ソングをセレクトした「村上式クリスマス・ソング」、翌年2月10日(日)には、ほとんどがアナログレコードでしか聴けない楽曲にスポットを当てた第4回「今夜はアナログナイト!」を放送しました。その後も、4月21日(日)に「思わず体が踊ってしまうノリのよい曲」をチョイスした第5回「愛のローラーコースター」、初期のビートルズの名曲を集めた6月16日(日)放送の第6回「The Beatle Night」、6月26日(水)に一夜限りで開催されたライブイベントを2回にわたり放送した8月25日(日)・9月1日(日)放送の第7・8回「村上JAM Special Night」、10月13日(日)放送の村上春樹さん自らの訳詞とともに名曲を届けた第9回「歌詞を訳してみました」を放送。そして12月15日(日)には村上春樹さんが最近入手したレコードを中心に選曲した「冬の炉端で村上SONGS」、2020年に入ってからも引き続き、第11回・第12回の連作となる「ジャズが不得意な人のためのジャズ・ヴォーカル特集」(2月16日)・「ジャズが苦手な人のためのジャズ・ヴォーカル特集」(2月23日)、原曲とは異なる言語で歌われた名曲たちを厳選した「言語交換ソングズ」まで、計13回をお届けしてきました。
■『村上RADIO』番組ホームページ
https://www.tfm.co.jp/murakamiradio/

2020年5月14日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです
  • このエントリーをはてなブックマークに追加