村上春樹が、山中伸弥・京都大学教授につけた〈ラジオネーム〉とは?

リリース

9
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


村上RADIO特別編 ステイホームスペシャル〜明るいあしたを迎えるための音楽〜

 村上春樹さんがDJを務める「村上RADIO特別編 ステイホームスペシャル〜明るいあしたを迎えるための音楽〜」が、2020年5月22日(金)にTOKYO FM/JFM38局ネットで放送された。

 新型コロナウイルス感染拡大防止策の中、たいへんな日々を過ごしている皆さんを音楽の力で明るくできれば、という村上さんの発案で生まれた特別編。

 番組は、村上さんの書斎で収録され、膨大なレコード・コレクションから選曲した「明るいあしたを迎えるための音楽」19曲を、自宅のプレーヤーでかけるという徹底ぶりだった。

 また、事前にリスナーから寄せられた「いま、村上春樹さんと語りたいこと」「村上春樹さんと考えたいこと」というメッセージに真摯に回答。自粛期間中の生活の様子や、今回の状況がもたらす今後の小説への影響などを率直に語った。

 番組の最後には、今回の新型コロナウイルスについても積極的に発言を続ける、ノーベル医学生理学賞を受賞した山中伸弥・京都大学iPS細胞研究所所長からのメッセージが読まれた。〈一生のお願いなんですが、僕にもラジオネームをいただけませんか?〉という依頼に、村上さんがつけた〈超デラックスなラジオネーム〉とは……?

 今回、TOKYO FMと協力し、「村上RADIO特別編 ステイホームスペシャル〜明るいあしたを迎えるための音楽〜」の番組内容を、Webマガジン「考える人」に日本語と英語両方のバージョンで掲載。日本のみならず、海外のMURAKAMIファンにも楽しめる内容となっている。

■明るいあしたを迎えるための音楽 1
https://kangaeruhito.jp/article/14694
■明るいあしたを迎えるための音楽 2
https://kangaeruhito.jp/article/14739

 山中伸弥先生も、自ら立ち上げたHP「山中伸弥による新型コロナウイルス情報発信」に、「村上RADIO」でつけられたラジオネームについての記事を掲載しています。

 新型コロナウイルスから社会を守るべく、日々奮闘されておられる山中先生も〈心が明るく〉なったとのこと。

■山中伸弥による新型コロナウイルス情報発信
https://covid19-yamanaka.com

2020年5月27日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです
  • このエントリーをはてなブックマークに追加