第38回向田邦子賞が発表 金子茂樹脚本の「俺の話は長い」が受賞

文学賞・賞

0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 第38回向田邦子賞が7日に発表され、金子茂樹さんが脚本を手掛けた「俺の話は長い」(日本テレビ)が受賞した。

 受賞作「俺の話は長い」は、6年間ニートとして母親に寄生し、屁理屈を駆使して生きている31歳独身男性を中心に、家族のドタバタ劇を描いたホームコメディー。主演は生田斗真。2019年10月12日~12月14日まで日本テレビ系で放送された。

 金子さんは、2004年に「初仕事納め」で第16回フジテレビヤングシナリオ大賞を受賞し、脚本家デビュー。主なテレビドラマ脚本に『プロポーズ大作戦』(フジテレビ)、『VOICE[ヴォイス]~命なき者の声~』(フジテレビ)、『きょうは会社休みます。』(日本テレビ)、『世界一難しい恋』(日本テレビ)、『ボク、運命の人です。』(日本テレビ)、『もみ消して冬~わが家の問題なかったことに~』(日本テレビ)などがある。

 向田邦子賞は、優れたテレビドラマの脚本作家に与えられる賞。故・向田邦子さんがテレビドラマの脚本家として、数々の作品を世に送り出し活躍してきた功績を称え、1982年に制定される。毎年4月1日から翌年3月31日まで、原則として放送されたテレビドラマの脚本を対象とし、毎年4月上旬に選考委員会を開き、前年度の作品を選考して発表する。第38回の選考委員は池端俊策、冨川元文、大石静、岡田惠和、井上由美子の5名だったが、池端俊策はスケジュールの都合により今回は選考に加わっておらず、4名によって大賞を決定した。

 昨年は、野木亜紀子さんが脚本を手掛けた「獣になれない私たち」が受賞。過去には大石静さんの「ふたりっ子」、北川悦吏子さんの「ビューティフルライフ」、遊川和彦さんの「女王の教室」、宮藤官九郎さんの「うぬぼれ刑事」、中園ミホさんの「はつ恋」と「ドクターX~外科医・大門未知子~」、バカリズムさんの「架空OL日記」が受賞している。

Book Bang編集部
2020年4月8日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

新潮社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加