累計200万部突破の人気漫画『極主夫道』 玉木宏で連続ドラマ化!

ニュース

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


玉木宏

「全国書店員が選んだおすすめコミック2019」で第2位に選ばれ、累計200万部を突破し、“面白すぎる”と話題となった『極主夫道』(新潮社)の実写ドラマ化が決定した。日本テレビ系新日曜ドラマとして2020年10月に放送される。

『極主夫道』は、滋賀県出身のおおのこうすけによる漫画作品。裏社会に数々の伝説を残した<不死身の龍>が極道から足を洗い、「専業主夫」として生活する日常を描く。元極道なのに家事全般において高スペックを持つ主人公・龍を演じるのは、日テレ系連続ドラマで初主演となる玉木宏。本作では調理、洗濯、掃除などを完璧にこなすが、極道スタイルが抜けきっていない主人公が、恐れられながらもトラブルや悩みを命懸けで解決する姿を演じる。

 主演の玉木は、ドラマ化の発表に際して「龍と周囲のアンバランスが大事なドラマだと思うので、龍なりの真面目さを大切に、まっすぐアプローチしたいと思います。龍の見た目とは裏腹な言動に癒され、クスッと笑え、気軽に愉しんでいただけるドラマを目指したいと思います。主夫の極み、是非お楽しみに」とコメントを寄せている。

 また原作者のおおのは、出演陣の豪華さに驚きながら、「作中にはクセのあるキャラクターが多いので、どういう風に演じられるのか、一視聴者として楽しみです。漫画は漫画表現の中で楽しく読める工夫をしてきましたが、ドラマではドラマだからこそ出来る表現があると思います。ドラマならではの『極主夫道』を沢山の方に観て楽しんでもらえると嬉しいです」とドラマ化への喜びの声を寄せた。

 ドラマを手掛ける中山喬詞プロデューサーは、「“日曜の夜に家族みんなでツッコミながら笑っていただきたい”そんなドラマです」とコメント。「閉塞感が漂う中、粋で魅力的な主人公の生き様や言動にスカッとした気分になってもらえればと思います」と意気込みを語った。

 玉木演じる龍ほか個性溢れる面々が、日曜の夜、カチコミよろしく大暴れする!

 原作の『極主夫道』は新潮社が運営するWEBマンガサイト「くらげバンチ」にて連載中。
 https://kuragebunch.com/

Book Bang編集部
2020年7月8日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

新潮社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加