柳美里さんの小説『JR上野駅公園口』が、全米図書賞の最終候補に

文学賞・賞

3
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


柳美里さんの小説『JR上野駅公園口』の英訳版「Tokyo Ueno Station」

 作家・柳美里さんの小説『JR上野駅公園口』が、米国で最も権威ある「全米図書賞」の翻訳文学部門の最終候補5作品に入った。

 英訳版のタイトルは「Tokyo Ueno Station(JR上野駅公園口)」。ホームレスとして生活する福島出身の男性を描いた物語。家族を養うため上京した男性の生涯を通じて、死者への祈りや日本社会の光と闇を描く。

 柳さんは、1968年神奈川県生れ。高校中退後、劇団「東京キッドブラザース」を経て、1988年に演劇集団「青春五月党」を結成。1993年に最年少で岸田國士戯曲賞を受賞後、1994年に『石に泳ぐ魚』を文芸誌「新潮」に発表し、小説家としてデビューする。1997年には『家族シネマ』で第116回芥川賞を受賞している。その他著書に『フルハウス』『ゴールドラッシュ』『命』(4部作)『8月の果て』『雨と夢のあとに』などがある。

「全米図書賞(National Book Awards)」は、米国で最も権威のある文学賞の一つ。1950年3月15日に、複数の出版社グループによって創設され、現在は全米図書協会によって運営されている。小説・ノンフィクション・詩・翻訳文学・児童文学の5部門があり、受賞者には副賞が贈られる。同じ翻訳文学部門では、2018年にドイツ在住の作家・多和田葉子さんの「献灯使」が受賞している。

Book Bang編集部
2020年10月9日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

新潮社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加