コロナ禍の世相を反映 年間ベストセラーに『ペスト』『大河の一滴』「あつ森攻略本」[トーハン年間ベストセラーランキング(2)]

ニュース

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 12月1日トーハンの「2020年 年間ベストセラー」が発表され、世相を反映する書籍が多数入賞を果たしている。

 文庫総合部門では3位に1947年に発表された『ペスト』がランクイン。感染症の蔓延で翻弄される社会と人々を描き、新型コロナウイルスに苦しむ私たちの状況と多くの共通点を見出すことができると大きな話題に。コロナ禍に襲われた2020年を象徴する一冊といえるだろう。同じくコロナ禍で緊急事態宣言が出された4月から5月にかけて大きな注目を浴びた五木寛之さんの『大河の一滴』(幻冬舎 1998年)も6位にランクイン。人生は苦しみと絶望の連続であると諦め、覚悟をきめたときに真の希望と勇気が訪れると説いている。

 また感染拡大防止のために外出の自粛がおこなわれるなか、自宅で楽しめるゲームには特需が訪れた。ゲーム内で自由な生活が楽しめるニンテンドースイッチのソフト「あつまれ どうぶつの森」が記録的なヒットとなり、ゲーム攻略本部門では「あつ森」攻略本が1位2位を占めている。

 新書ノベルス部門では今年、読者の年令を問わず大ヒットとなったコミックス「鬼滅の刃」のノベライズ作品が大量ランクイン。本編の連載は5月に終了したが、コミックスでは描かれていないキャラクターたちの活躍を描いた外伝3冊がまだまだこの世界を楽しみたい読者に響き1位を獲得。2位には現在大ヒット上映中の映画「劇場版 鬼滅の刃 無限列車編」のノベライズ版がはいった。

 新書ノンフィクション部門では2019年7月に刊行された『ケーキの切れない非行少年たち』がロングセラーで1位に。同書は昨年の年間ベストセラー新書ノンフィクション部門(トーハン調べ)でも3位にランクインしていた。累計発行部数は65万部を突破し、非行少年たちのなかに「境界認知」と呼ばれる認知機能に問題がある子どもたちが多数存在することを世に知らしめた。

【文庫総合】

1位『マスカレード・ナイト』東野圭吾[著](集英社)

2位『AX アックス』伊坂幸太郎[著](KADOKAWA)

3位『ペスト』カミュ[著]宮崎嶺雄[訳](新潮社)

【新書 ノベルス】

1位『鬼滅の刃 しあわせの花』『鬼滅の刃 片羽の蝶』『鬼滅の刃 風の道しるべ』吾峠呼世晴[原作]矢島綾[著](集英社)

2位『劇場版 鬼滅の刃 無限列車編 ノベライズ』吾峠呼世晴[原作]矢島綾[小説]ufotable[脚本](集英社)

3位『女王と海賊の披露宴 海賊と女王の航宙記』茅田砂胡[著](中央公論新社)

【新書 ノンフィクション】

1位『ケーキの切れない非行少年たち』宮口幸治[著](新潮社)

2位『還暦からの底力 歴史・人・旅に学ぶ生き方』出口治明[著](講談社)

3位『一切なりゆき 樹木希林のことば』樹木希林[著](文藝春秋)

【単行本 ゲーム攻略本】

1位『あつまれ どうぶつの森 完全攻略本+超カタログ』ニンテンドードリーム編集部[編](徳間書店)

2位『あつまれ どうぶつの森 ザ・コンプリートガイド』(KADOKAWA)

3位『ポケットモンスター ソード・シールド 公式ガイドブック 完全ストーリー攻略+ガラル図鑑』元宮秀介&ワンナップ [著](株)ポケモン、(株)ゲームフリーク[監修](オーバーラップ)

【単行本 児童書】

1位『こども六法』山崎聡一郎[著]伊藤ハムスター[イラスト](弘文堂)

2位『なぜ僕らは働くのか 君が幸せになるために考えてほしい大切なこと』池上彰[監修]佳奈[漫画]モドロカ[画](学研プラス)

3位『だるまさんが』『だるまさんの』『だるまさんと』かがくいひろし[作](ブロンズ新社)

<12月1日発表 2020年 年間ベストセラー トーハン調べ 集計期間2019年11月24日~2020年11月23日>

Book Bang編集部
2020年12月2日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

新潮社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加