新潮社刊行の村上春樹作品が電子書籍化 『1Q84』『海辺のカフカ』など

ニュース

3
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 新潮社は11日、これまで電子化されていなかった村上春樹の小説作品8作を電子書籍化すると発表した。

 電子書籍化される作品は、『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』『ねじまき鳥クロニクル』『海辺のカフカ』『1Q84』『騎士団長殺し』の長編作品と、同5作の合本版に加え、短編集『螢・納屋を焼く・その他の短編』『神の子どもたちはみな踊る』『東京奇譚集』の8タイトル計25点。

 主要電子書店にて12月18日(金)より配信、一部電子書店では予約受付がスタートしている。

【電子化対象作品】※全て新潮文庫
・『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』
・『ねじまき鳥クロニクル』
・『海辺のカフカ』
・『1Q84』
・『騎士団長殺し』
+上記5作品の合本版
・『螢・納屋を焼く・その他の短編』
・『神の子どもたちはみな踊る』
・『東京奇譚集』

Book Bang編集部
2020年12月14日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

新潮社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加