「鬼滅の刃」最終巻の次に売れているのは「煉獄さん」の闘いを描いた「8巻」!

ニュース

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 12月15日トーハンの週刊ベストセラーが発表され、コミックス第1位は『鬼滅の刃(23)』が獲得した。
 第2位は『鬼滅の刃(8)』。第3位は『鬼滅の刃(10)』となった。

 今週も「鬼滅の刃」がランキングを独占。1位は12月4日に発売されたばかりの最終23巻。2位は興行収入が300億円を突破した映画版である「劇場版「鬼滅の刃」 無限列車編」の顛末と次のエピソード「遊郭編」の導入が描かれている8巻がランクイン。3位と4位には「遊郭編」が続く10巻と9巻がランクイン。アニメと映画で「鬼滅の刃」の魅力にハマり、続きを読むためにコミックスへという流れが顕著なランキングとなっている。

1位『鬼滅の刃(23)』吾峠呼世晴[著](集英社)

鬼の始祖・鬼舞辻無惨と炭治郎たちの戦いは最終局面へ…!! 珠世が身を挺して投与した四種類の薬が、無惨を衰えさせ、追い詰めていく。炭治郎と禰豆子、そして鬼殺隊の運命は!? 永きにわたる鬼との闘争、決着の刻!!(集英社ウェブサイトより)

2位『鬼滅の刃(8)』吾峠呼世晴[著](集英社)

眠り鬼・魘夢にヒノカミ神楽「碧羅の天」を放った炭治郎の戦いの顛末は!? さらに、炭治郎一行の下に現れたものの正体とは!? そして炎柱・煉獄杏寿郎が動く。その強き者の口から語られる言葉の先に炭治郎が見たものとは!?(集英社ウェブサイトより)

3位『鬼滅の刃(10)』吾峠呼世晴[著](集英社)

花街を支配していた花魁の鬼、堕姫! 力を分けていた帯とひとつとなり、増した力で堕姫は炭治郎を襲う!! 炭治郎はヒノカミ神楽で応戦するが限界を超え!? 炭治郎に代わり禰豆子や宇随が対峙するが、上弦の鬼の堕姫との戦いは、思いがけぬ展開に!?(集英社ウェブサイトより)

4位『鬼滅の刃(9)』吾峠呼世晴[著](集英社)

5位『鬼滅の刃(7)』吾峠呼世晴[著](集英社)

6位『鬼滅の刃(1)』吾峠呼世晴[著](集英社)

7位『鬼滅の刃(19)』吾峠呼世晴[著](集英社)

8位『鬼滅の刃(18)』吾峠呼世晴[著](集英社)

9位『鬼滅の刃(17)』吾峠呼世晴[著](集英社)

10位『鬼滅の刃(12)』吾峠呼世晴[著](集英社)

〈コミックスランキング 12月15日トーハン調べ〉

Book Bang編集部
2020年12月18日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

新潮社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加