日向坂46・宮田愛萌も大ファン 小野不由美「ゴーストハント」シリーズ4作目が文庫化

ニュース

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 1月6日トーハンの週刊ベストセラーが発表され、文庫第1位は『JR上野駅公園口』が獲得した。
 第2位は『神様の御用人(9)』。第3位は『Re:ゼロから始める異世界生活(25)』となった。

 4位以下で注目は9位に初登場の『ゴーストハント(4) 死霊遊戯』。「十二国記」シリーズで知られる小野不由美さんの原点である「ゴーストハント」シリーズの第4作。1989年から講談社で刊行されていた「悪霊シリーズ」を大幅改稿し、「ゴーストハント」シリーズとしてメディアファクトリーより出版。その後角川文庫で2020年6月から発売され、2021年6月までに7作品が出揃う。文庫化されたことで新しい読者も増えており、解説も昨年6月から読み始めたという日向坂46の宮田愛萌さんが務めている。宮田さんは自身のブログで《こうして解説を書かせていただくことができて本当に幸せです!!!》《信じられないくらい光栄なことです。》《私でいいのかな? ちゃんと魅力伝えられるかな? と、何度も書きなおしました。》と喜びと謙遜をあらわしている。

1位『JR上野駅公園口』柳美里[著](河出書房新社)

一九三三年、私は「天皇」と同じ日に生まれた――東京オリンピックの前年、出稼ぎのため上野駅に降り立った男の壮絶な生涯を通じ描かれる、日本の光と闇……居場所を失くしたすべての人へ贈る物語。(河出書房新社ウェブサイトより)

2位『神様の御用人(9)』浅葉なつ[著](KADOKAWA)

御用にバイトにと日々忙しく全国を飛び回る良彦と黄金。そんな良彦の元に、バイト先の清掃会社から正社員の打診があった。年齢を考えると、正社員にはなりたい。でもそうなったら、御用人の仕事に支障が出ると悩む良彦。  一方、日本各地で頻発する地震に黄金は何やら考え込んでいた。そしてある日「気になることがある」と言い残して行方不明になってしまう。  謎に包まれた黄金の過去とは。全てが解き明かされ、物語はクライマックスへ――!(KADOKAWAウェブサイトより)

3位『Re:ゼロから始める異世界生活(25)』長月達平[著]大塚真一郎[イラスト](KADOKAWA)

砂海の塔の攻略と、『全員生還』の誓いを掲げ、ナツキ・スバルは『死』行錯誤を重ねていく。立ち塞がる五つの障害、増えていく『死』のカウントに心をすり減らしていくスバルだったが、孤軍奮闘する彼をベアトリスを始めとした仲間たちが支える。「ナツキ・スバルは、決して超人じゃない」と。 かけられた言葉を握りしめ、新たな打開策を求めるスバルの前に現れる一冊の本――それは消えた過去を辿らせる、『菜月・昴』の『死者の書』だった。 「愛してるッス、お師様。――四百年なんて、明日の明日みたいなもんだったッスもん」 大人気Web小説、昨日と明日の交錯する六章完結。――君とまた会うため、歩いてきたよ。(KADOKAWAウェブサイトより)

4位『後宮の烏(5)』白川紺子[著]香魚子[装画](集英社)

5位『おもかげ』浅田次郎[著](講談社)

6位『マスカレード・ナイト』東野圭吾[著](集英社)

7位『異世界迷宮でハーレムを(11)』蘇我捨恥[著]四季童子[絵](主婦の友社)

8位『共謀捜査』堂場瞬一[著](集英社)

9位『ゴーストハント(4) 死霊遊戯』小野不由美[著](KADOKAWA)

10位『ノーマンズランド』誉田哲也[著](光文社)

〈文庫ランキング 1月6日トーハン調べ〉

Book Bang編集部
2021年1月9日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

新潮社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加