大長編「三国志」をたったの2巻で完全理解 ひろゆきも「コスパいいよね」

ニュース

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2月24日トーハンの週刊ベストセラーが発表され、ノンフィクション・ライトエッセイ第1位は『星ひとみの天星術』が獲得した。
 第2位は『ねことじいちゃん(7)』。第3位は『「育ちがいい人」だけが知っていること』となった。

 4位以下で注目は9位にランクインした『マンガ 三国志I 劉備と諸葛孔明』。中国で群雄が割拠した時代、後漢末期から三国時代を題材にした物語は枚挙にいとまがない。小説では「三国志演義」をもとにした吉川英治版や北方謙三版、マンガでは横山光輝版や曹操を主人公とした「蒼天航路」、映画では「レッドクリフ」や現在も上映中の「新解釈・三國志」、ゲームではコーエーテクモゲームスの「三國志シリーズ」等々挙げ出せば切りがない。そんな多士済々の三国志本のなかでも、同書の特徴は「マンガ」で「ニ巻組」という手軽さにある。何十巻もある小説やマンガを読破せずとも、英雄たちの活躍や名シーン、三国の栄枯盛衰の流れを理解することができる。ニ巻の帯には《「三国志」には興味あるけど、60巻は読めないという人に朗報。世界の教養が2冊で完璧。コスパいいよね。》とのひろゆきさんの推薦の言葉が掲載されている。

1位『星ひとみの天星術』星ひとみ[著](幻冬舎)

『突然ですが占ってもいいですか?』(フジテレビ系)など、各種メディアで話題騒然! 驚異の的中率で人気急上昇のオリジナル運勢鑑定法「天星術」のすべて(幻冬舎ウェブサイトより)

2位『ねことじいちゃん(7)』ねこまき[著](KADOKAWA)

妻に先立たれ、ねこのタマとふたり暮らしの大吉じいちゃん。  ある日、御年90歳の百合子姉ちゃんに言われ、しまいっぱなしだった古いアルバムを探す。 押し入れの奥にしまい込んでいたアルバムを開くとそこには、自慢だった愛車のスバル360(通称「デメキン」)や、中学校の恩師”たかやん”、幼かった息子の剛の写真など懐かしい思い出がたくさん詰まっていた。 そして、妻・佳枝が亡くなる直前にタマと3人で撮った写真が出てきてー。  写真を通して蘇る、愛しい人の記憶、まばゆいばかりの思い出。 優しい水彩画タッチのイラストと、毎日がいとおしくなる四季折々の彩りにのせてお届けします。(KADOKAWAウェブサイトより)

3位『「育ちがいい人」だけが知っていること』諏内えみ[著](ダイヤモンド社)

婚活成功者続出!難関幼稚園、名門小学校合格率95%!「にじみでる育ちのよさ」と本物の品が身につくと話題のマナー講師が教える、話し方、食べ方、ふるまい、お付き合いの心得。 「育ちのいい人」にとっては当たり前なのに、多くの人が知らないマナー以前の常識250。真似するだけで、今からでも育ちはよくなる!(ダイヤモンド社ウェブサイトより)

4位『えんとつ町のプペル』にしのあきひろ[著](幻冬舎)

5位『パワーウィッシュノート2021 2021.3/29天秤座満月-2022.3/18乙女座満月』Keiko[著](講談社)

6位『私は私のままで生きることにした』キム・スヒョン[著]吉川南[訳](ワニブックス)

7位『約束の地 大統領回顧録 I(上)』バラク・オバマ[著]山田文、三宅康雄 他[訳](講談社)

8位『カカ・ムラド ナカムラのおじさん』ガフワラ[原作]さだまさし[著](双葉社)

9位『マンガ 三国志I 劉備と諸葛孔明』吉川栄治[原作]石森プロ[画]竹川弘太郎[シナリオ](飛鳥新社)

10位『ミラクルばかりの幸福な人生に変わる 七龍神の開運お作法』望月彩楓[著](KADOKAWA)

〈ノンフィクション・ライトエッセイランキング 2月24日トーハン調べ〉

Book Bang編集部
2021年2月27日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

新潮社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加