「聖☆おにいさん」最新19巻がベストセラー ついに日本神話から神様が登場

ニュース

4
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 3月30日トーハンの週刊ベストセラーが発表され、コミックス第1位は『呪術廻戦(15)』が獲得した。
 第2位は『終末のワルキューレ(10)』。第3位は『聖☆おにいさん(19)』となった。

 3位に初登場の『聖☆おにいさん(19)』は立川で暮らす聖人ブッダとイエスのゆるい日常を描いたコメディ作品。19巻では流行りのYoutubeやリモートワーク、「鬼滅の刃」「進撃の巨人」など時事ネタも入れ込みつつ、ついには日本神話の神様も登場し物語はさらにヒートアップ。初の長編もはじまり今後の展開にも期待が膨らむ。同時発売となった限定版には中村光さんによる描き下ろしデザインのエコバッグが付属する。

1位『呪術廻戦(15)』芥見下々[著](集英社)

宿儺による大量殺人、七海建人の死…そして真人の手にかかり釘崎までも──!! 自らの罪の重さに虎杖の心が限界を超えたその時、親友の危機にあの男が駆け付ける。虎杖と真人、呪い合う両者の終着点とは…!?(集英社ウェブサイトより)

2位『終末のワルキューレ(10)』アジチカ[作画]梅村真也[原作]フクイタクミ[構成](コアミックス)

3位『聖☆おにいさん(19)』中村光[著](講談社)

今の時代、天界人とて無視はできない誘惑…それはユーチューバーへの道! 情報伝達の守護天使・ガブリエルの志(ルビ:こころざし)をへし折るような、とある「出来事」が…!? 一方、イエスに天界から急ぎの仕事依頼が。 慣れないリモートワークで苦戦する彼に、ブッダのツッコミが冴え渡る! そ・し・て、ビッグニューーーース! 『聖☆おにいさん』始まって以来、初となる長編・新シリーズが爆誕!! 天界のいつメン&悪魔も巻き込んだ、一大プロジェクト、はっじまるよー☆(講談社ウェブサイトより)

4位『ゴールデンカムイ(25)』野田サトル[著](集英社)

5位『呪術廻戦 東京都立呪術高等専門学校』芥見下々[著](集英社)

6位『呪術廻戦(9)』芥見下々[著](集英社)

7位『呪術廻戦(8)』芥見下々[著](集英社)

8位『呪術廻戦(10)』芥見下々[著](集英社)

9位『呪術廻戦(11)』芥見下々[著](集英社)

10位『呪術廻戦(12)』芥見下々[著](集英社)

〈コミックスランキング 3月30日トーハン調べ〉

Book Bang編集部
2021年4月3日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

新潮社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加