「女の園の星」最新2巻がベストセラーランキング1位 南沢奈央も「公園で一気読み」

ニュース

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 5月18日トーハンの週刊ベストセラーが発表され、コミックス第1位は『女の園の星(2)』が獲得した。
 第2位は『うるわしの宵の月(2)』。第3位は『亜人(17)』となった。

 1位に初登場の『女の園の星(2)』は『夢中さ、きみに。』(KADOKAWA)で一世を風靡した和山やまさんが描く女子校を舞台にしたコメディマンガ、待望の第二巻。主人公は女子校の教師・星先生。クールな星先生が無邪気な生徒たちが巻き起こすちょっとした事件に翻弄される姿がコメディタッチで描かれる。全編に渡り独特な掴みどころのない笑いに満ちており、描かれる出来事自体はくだらなくも、なぜか癖になると話題だ。

 俳優の南沢奈央さんは『夢中さ、きみに。』で和山作品にハマり、「女の園の星」も書店で購入した後に、《家に帰るまで我慢できずに、近くにあった公園の芝生の上で開いた。途中で雨が降り始めたけれど、折りたたみ傘を差しながら一気読みした》とこちらも夢中になって読んだと告白。また《星先生を筆頭に、生徒や教師で個性的なキャラクターが次々登場する。だけど、ぶっ飛びすぎずに、“こんな人いそう!”と思える絶妙な加減で描かれていて、見事に作品の中に引き込まれていった。》と作品のもつ不思議な魅力について語っている。
https://www.bookbang.jp/minamisawanao/article/1503

1位『女の園の星(2)』和山やま[著](祥伝社)

このマンガがすごい!2021 オンナ編(宝島社)第1位!!!  この面白さは癖になる!  爆笑必至の女子校教師の日常。  ある女子校で、今日も巻き起こるミクロな事件たち。 星先生の中学時代の卒アル写真が都市伝説を生んだり、 保護者に記念品作成を丸投げされた小林先生が 秘められし才能を発揮したり…。  芸能人並みにベールに包まれた先生達の私生活が すこ~しずつ明らかに!  最高のくだらなさを更新し続ける  話題爆発&全世界熱望の第2巻??(祥伝社ウェブサイトより抜粋)

2位『うるわしの宵の月(2)』やまもり三香[著](講談社)

滝口宵は、容姿端麗・スマートなふるまいで「王子」と呼ばれる女子。少女漫画のヒーローみたい、と憧れられていることに複雑な思いを抱いていた。そんなとき、同じく「王子」と呼ばれる市村先輩に出会う。最初は印象悪かったけど、助けてもらったのをきっかけに何かと関わるうちに心境が変化し、宵は先輩とおためしで付き合うことに?  ともに「王子」と呼ばれる男女の不器用なラブストーリー!(講談社ウェブサイトより)

3位『亜人(17)』桜井画門[著](講談社)

死なない新生物・亜人にしてテロリストである佐藤は入間基地を占拠し、戦闘機で国内の重要施設に超高速の波状攻撃を仕掛ける! 対亜人特選群と共闘関係を結んだ永井圭は極限状態の中、佐藤に対抗しうる作戦を立案! 下村、田中、秋山、中野らとの共同作戦は佐藤を戦わずして封じ込めるというものだった! 戦火が拡大する入間基地の永井を援護すべく海斗も参戦する! だが、海斗が銃撃されたのを目の当たりにした永井はフラッド現象を発現してしまう。佐藤も同調して大量のIBMが入間基地を埋め尽くした。そして、基地に向かうオグラ・イクヤ博士の口から亜人誕生の瞬間が語られる。入間基地を脱出して国外への逃亡を図る佐藤を足止めするために永井は全力を尽くす。そして、永井と佐藤との因縁の対決についに終止符が打たれる!! すべてが決着する最終巻!!(講談社ウェブサイトより)

4位『呪術廻戦(15)』芥見下々[著](集英社)

5位『呪術廻戦 東京都立呪術高等専門学校』芥見下々[著](集英社)

6位『東京卍リベンジャーズ(22)』和久井健[著](講談社)

7位『MFゴースト(11)』しげの秀一[著](講談社)

8位『東京卍リベンジャーズ(5)』和久井健[著](講談社)

9位『東京卍リベンジャーズ(4)』和久井健[著](講談社)

10位『ダーウィンズゲーム(23)』FLIPFLOPs[著](秋田書店)

〈コミックスランキング 5月18日トーハン調べ〉

Book Bang編集部
2021年5月22日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

新潮社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加