「呪術廻戦」最新17巻が初登場1位 連載35年の「ファイブスター物語」の新刊も[コミックスベストセラー]

ニュース

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 10月12日トーハンの週刊ベストセラーが発表され、コミックス第1位は『呪術廻戦 17』が獲得した。
 第2位は『僕のヒーローアカデミア 32』。第3位は『ブラッククローバー 30』となった。

 1位は昨年10月にはじまったテレビアニメ版で人気が沸騰した「呪術廻戦」の最新17巻。アニメ化以降急速に発行部数を伸ばし「ネクスト鬼滅」との呼声も高く、今巻で累計発行部数は5500万部を突破した。12月24日には「劇場版 呪術廻戦 0」の公開も控えている。

 4位以下で注目は4位に初登場の『ファイブスター物語 16』。1986年に連載がはじまった永野護さんによるSFコミック。35年に及ぶ連載のなかで大幅な設定変更が行われており、最新16巻では設定変更の理由が物語の一部として語られる。

1位『呪術廻戦 17』芥見下々[著](集英社)

処刑人の乙骨に敗れ、死に瀕した虎杖が思い出した在りし日の家族の光景──そこには加茂憲倫のかつての姿があった。呪術師達が殺し合う「死滅回游」平定に向け事態が動き出す中、真希は禪院家へと赴くが…!?(集英社ウェブサイトより)

2位『僕のヒーローアカデミア 32』堀越耕平[著](集英社)

各地の刑務所から逃げ出したダツゴクさんたちが、街で暴れているみたいですね。トップヒーローと行動を始めた出久くんもどんどんボロボロになって…うふふ。こんな生きにくくて、嫌な世界なんて壊しちゃいましょう。 そうだよね、弔くん。(集英社ウェブサイトより)

3位『ブラッククローバー 30』田畠裕基[著](集英社)

ダンテの圧倒的な魔力を分断し、純粋な殴り合いに持ち込んだマグナ。持ち前の根性を武器に、怒涛のラッシュをしかける───!! そして、苦戦するシャーロットたちの元へ駆けつけたノエル。新たに体得した力でヴァニカと相対する!! ヴァニカとメギキュラ、シルヴァ家の因縁の戦いの行方は──!?(集英社ウェブサイトより)

4位『ファイブスター物語 16』永野護[著](KADOKAWA)

5位『マッシュル―MASHLE― 8』甲本一[著](集英社)

6位『3月のライオン 16』羽海野チカ[著]先崎学[将棋監修](白泉社)

7位『ダンダダン 2』龍幸伸[著](集英社)

8位『アオのハコ 2』三浦糀[著](集英社)

9位『東京卍リベンジャーズ(24)』和久井健[著](講談社)

10位『キン肉マン 76』ゆでたまご[著](集英社)

〈コミックスランキング 10月12日トーハン調べ〉

Book Bang編集部
2021年10月16日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

新潮社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加