[西島秀俊×内野聖陽]映画も興収7億円突破、レシピ本も大人気「きのう何食べた?」最新19巻が発売[コミックスベストセラー]

ニュース

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 11月16日トーハンの週刊ベストセラーが発表され、コミックス第1位は『SPY×FAMILY 8』が獲得した。
 第2位は『魔入りました!入間くん 第24巻』。第3位は『Dr.STONE 23』となった。

 4位以下で注目は4位に初登場の『きのう何食べた?(19)』。几帳面な弁護士と人当たりのよい美容師、男二人暮らしの食生活にスポットをあてたよしながふみさんの人気マンガ最新刊。2019年にテレビドラマ化され、主人公二人を西島秀俊さんと内野聖陽さんが演じた。美味しそうな料理の描写にも定評があり、レシピ本も大人気だ。今週のトーハンベストセラーランキングではエンターテイメント部門に『公式ガイド&レシピ きのう何食べた? ~シロさんの簡単レシピ2~』(講談社)など2冊がランクインしている。11月3日からドラマの劇場版映画が公開され、15日に興行収入7億円を突破したと報じられた(興行通信社調べ)。

1位『SPY×FAMILY 8』遠藤達哉[著](集英社)

東国の秘密組織「ガーデン」の任務で、ヨルは豪華客船に乗り込みマフィアの要人を護衛する事に! ロイドとアーニャも旅行で同船している上、ヨルは裏の仕事に迷いが生じ!?(集英社ウェブサイトより)

2位『魔入りました!入間くん 第24巻』西修[著](秋田書店)

入間と「魔王」について語るサブノック。彼の影響で、長らく避けていた実家に帰宅すると…そこに思いがけない悪魔が待ち受けていて!? 悪魔学校バビルス「1年生編」完結!!(秋田書店ウェブサイトより)

3位『Dr.STONE 23』稲垣理一郎[原作]Boichi[作画](集英社)

復活を遂げた千空により、石化が解かれた科学王国メンバー。その過程で明らかになる、石化に秘められた人類最大の禁忌とは!? 全ての元凶ホワイマンの謎を暴く月面着陸計画が、全世界を巻き込み再始動する!!(集英社ウェブサイトより)

4位『きのう何食べた?(19)』よしながふみ[著](講談社)

5位『魔界の主役は我々だ! 第7巻』津田沼篤[漫画]西修[原案]コネシマ[原作監修](秋田書店)

6位『転生賢者の異世界ライフ~第二の職業を得て、世界最強になりました~ 14』彭傑[画]進行諸島[原作](スクウェア・エニックス)

7位『ザ・ファブル The second contact(1)』南勝久[著](講談社)

8位『蜘蛛ですが、なにか? (11)』かかし朝浩[漫画]馬場翁[原作]輝竜司[キャラクター原案](KADOKAWA)

9位『アオアシ 26』小林有吾[著](小学館)

10位『賢者の孫 (18)』吉岡剛[原作]緒方俊輔[漫画]菊池政治[キャラクター原案](KADOKAWA)

〈コミックスランキング 11月16日トーハン調べ〉

Book Bang編集部
2021年11月20日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

新潮社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加